最新記事

米軍事

トランプ、先制核攻撃へ一歩──小型核弾頭開発を表明

Trump Wants New Smaller Nukes To Scare Enemies

2018年2月5日(月)17時46分
ザカリー・フライヤー・ビグス

2月2日、メリーランド州のアンドリュー空軍基地に到着したトランプ大統領 Leah Millis-REUTERS

<大型核兵器ばかり保有しているアメリカの核兵器は、犠牲が大き過ぎて使えないはず──そう高をくくっている敵にも抑止力を効かせるのが狙いというが>

ドナルド・トランプ米政権は2月2日、中期的な核戦略の指針となる核戦略見直し(NPR)を発表し、爆発力を抑えた小型核兵器の開発を打ち出した。アメリカが核兵器を本当に使うと敵国に思わせることで、抑止力を強化する狙いがある。

例えばロシアの核戦略は、攻撃してもアメリカとの全面核戦争に発展しないために、小型化した「戦術核兵器」の使用も想定している。アメリカが現在保有する核兵器は大型で大量の民間人が犠牲になるため、反撃はできないだろうという前提だ。

米国防総省高官は、アメリカが新たに開発する小型核は、ロシアや中国、北朝鮮などの敵国による小型核の使用を抑止し、核攻撃の応酬を回避するためのものだと言った。

「今後はさまざまな報復能力の確保と抑止力の維持を目指す。限定的な先制核攻撃なら、核兵器を使ってまでアメリカは報復してこないだろう、という誤った印象を敵国に与えないためだ」と、国防総省ナンバー3のジョン・ルード政策担当国防次官は2月2日、記者会見で言った。

「なぜ核攻撃をしないのか?」

小型核の開発と核戦力の多様化を掲げたことで、トランプが小型核を使った戦争を始める可能性が高まったと、一部の専門家は指摘する。実際トランプは外交アドバイザーに対し、アメリカはなぜ核兵器を使用しないのか、と聞いたと言われている。

「核戦力を増強すれば、それがどれほど綿密な計算に基づいていようと、核兵器使用の可能性が高まる、と主張する人が必ず出てくる」と、パトリック・シャナハン米国防副長官は言った。「実際はその真逆だ」

小型核を含めた核戦争の可能性を高めたいわけではない、とシャナハンは強調した。

「アメリカは核兵器の使用を望まない」

新たなNPRは、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)搭載用に爆発力を抑えた小型の核弾頭や、水上艦や潜水艦から発射できる核巡航ミサイルの開発に重点を置いている。巡航ミサイルは1991年の湾岸戦争がきっかけで信頼性を上げた。長距離でも命中精度が高かったからだ。

いずれの開発も、核弾頭を再利用することで、米軍が核兵器保有数をこれ以上増やさなくても多様な発射手段を確保できると、米国防総省の複数の高官は言った。

それでも専門家は批判的だ。

「より深刻なのは認識の問題だ。最大の欠陥はそこにある」と、核不拡散問題専門家でミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プログラム部長を務めるジェフェリー・ルイスは本誌に語った。「小型核の開発は、アメリカは絶対に核兵器を使用できない、という解決不能な政治問題に対する小手先の解決策だ」

ニュース速報

ビジネス

英FTのCEO、約3.67億円の報酬を一部返納 記

ビジネス

7月の中国への海外直接投資、前年比+14.9%=上

ビジネス

日銀の政策修正は小手先、早期に総括検証第2弾で副作

ビジネス

中国当局、インフラ投資計画の承認加速 7月は前月の

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月