最新記事

平昌五輪

南北合同チームに韓国国民が猛反対 文大統領は映画で学ぶべきだった?

2018年1月30日(火)18時15分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

南北合同チームの選手たちが28日、初めて合同練習を行った。 Korean Sport & Olympic Committee / REUTERS

<オリンピック史上初の南北統一チーム結成が韓国内では反発を呼ぶ形になっている。過去の統一チームを扱った映画を文大統領が観ていれば、少しはこの国民感情を予想できたかも──>

第23回冬季オリンピックが、2月9日から韓国・平昌にて開催される。日本でも連日報道されているが、韓国と北朝鮮が「南北統一旗」で入場することや、オリンピック/パラリンピックに数百人規模の応援団が北朝鮮から参加すること。さらに開催1か月前に急きょ女子アイスホッケーチームが、韓国チーム23名に北朝鮮選手12名を追加した35名の南北合同チームで出場することなど、南北融和ムードに注目が集まっている。

初めて南北がスポーツの国際大会に合同チームで参加したのは、オリンピックではなく1991年に千葉市で開催された卓球の世界選手権だった。南北合同の女子団体チームは優勝し、このエピソードは後に2012年にペ・ドゥナとハ・ジウォン主演で映画化された。日本でも翌年『ハナ 〜奇跡の46日間〜』のタイトルで劇場公開されている。

今回の平昌五輪同様、この卓球世界選手権でも大会直前になって突然南北合同チームでの参加が決まり、映画では選手たちが困惑する場面が描写されている。劇中で韓国の選手が「誰がこんな合同チーム発足を指示したのか? 私は反対だ」と言うのに対して、代表チーム上層部が「国家の決定に不満があるようだが、嫌なら出て行け。代表チームの名簿から綺麗に名を消してやるから」と言うシーンがあり、公開当時は観客らから批判されたという。


『ハナ』の韓国公開時のティザー予告編。映画のモデルとなった1991年世界卓球選手権の映像が使われている。 CJ Entertainment Official / YouTube

では、今回のように南北の女子アイスホッケー選手が合同チームで活動することを描いた韓国映画は......というと、少し変則的な合同チームではあるが、実はすでに存在する。タイトルは『国家代表2』。韓国では2016年に公開されたが、日本では今現在未公開の作品だ。韓国で840万人以上を動員したヒット映画『国家代表』(2009年)の続編として制作された。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

ワールド

独首相、記者死亡の真相解明までサウジ向け武器輸出停

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月