最新記事

宇宙

天空に輝くミラーボール、打ち上げ成功

Secret Space Disco Ball to Be Brightest Star in Sky

2018年1月26日(金)19時27分
キャサリン・ハイネット

夜空でいちばん明るく輝くよう打ち上げられた人工の星 Rocket Lab

<間もなく地球上の誰もが眺められるようになる。人類の心を1つにする星>

星空をバックにひときわ明るく輝く新しい「星」が、世界中で見られることになりそうだ。

アメリカの航空宇宙ベンチャー、ロケット・ラボは1月20日に小型衛星打ち上げ用に開発したロケット「エレクトロン」を打ち上げたが、その時、通常の小型衛星の他に、炭素繊維で作った直径約90センチの玉を密かに打ち上げたのだ。64枚の光るパネルで覆われたその玉は、ディスコのミラーボールにそっくり。「ヒューマニティー・スター(人類の星)」という名前のミラーボールは、高速で回転しながら地球を周回し、太陽の反射で世界中どこからでも明るく見られるようになるという。

この物体には、眺める以外の用途は何もない。ロケット・ラボのピーター・ベックCEOがこんなものを作って打ち上げた理由は、かなり壮大でロマンチックなもの。メールで取材に答えてくれたベックはこう書いてきた。「たとえ世界のどこにいようと、人生で何が起こっていようと、夜空を見上げれば誰でもこのミラーボールが見える。それを眺めながら遥かな宇宙に思いを馳せて、人々の暮らしや行い、人類の尊さを見直す機会になればいいと思う」

誰もがそんなビジョンに賛成というわけではない。ニュージーランド・オークランド大学の物理学者リチャード・エッシャーは、「安っぽい宣伝行為」とツイートした。「宇宙飛行士や本物の星空を楽しみたい人々の邪魔にならなければいいが」

ヒューマニティー・スターは9カ月経つと、地球の重力につかまって大気圏に突入してその「使命」を終える。ロケット・ラボによると、アメリカでは2週間後ぐらいから見えるようになり、3月が見ごろだという。ロケット・ラボのサイトを見れば、ミラーボールがいつあなたの上空を通過するかわかる。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

英GDP改定値、第1四半期は前期比+0.1% 12

ビジネス

今後は目標上回るインフレ上昇を容認する必要も=フィ

ワールド

中国、米朝に忍耐を求める

ワールド

働き方改革法案、衆院委で可決=野党は厚労相不信任で

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 8

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 9

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 10

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月