最新記事

宇宙

天空に輝くミラーボール、打ち上げ成功

Secret Space Disco Ball to Be Brightest Star in Sky

2018年1月26日(金)19時27分
キャサリン・ハイネット

夜空でいちばん明るく輝くよう打ち上げられた人工の星 Rocket Lab

<間もなく地球上の誰もが眺められるようになる。人類の心を1つにする星>

星空をバックにひときわ明るく輝く新しい「星」が、世界中で見られることになりそうだ。

アメリカの航空宇宙ベンチャー、ロケット・ラボは1月20日に小型衛星打ち上げ用に開発したロケット「エレクトロン」を打ち上げたが、その時、通常の小型衛星の他に、炭素繊維で作った直径約90センチの玉を密かに打ち上げたのだ。64枚の光るパネルで覆われたその玉は、ディスコのミラーボールにそっくり。「ヒューマニティー・スター(人類の星)」という名前のミラーボールは、高速で回転しながら地球を周回し、太陽の反射で世界中どこからでも明るく見られるようになるという。

この物体には、眺める以外の用途は何もない。ロケット・ラボのピーター・ベックCEOがこんなものを作って打ち上げた理由は、かなり壮大でロマンチックなもの。メールで取材に答えてくれたベックはこう書いてきた。「たとえ世界のどこにいようと、人生で何が起こっていようと、夜空を見上げれば誰でもこのミラーボールが見える。それを眺めながら遥かな宇宙に思いを馳せて、人々の暮らしや行い、人類の尊さを見直す機会になればいいと思う」

誰もがそんなビジョンに賛成というわけではない。ニュージーランド・オークランド大学の物理学者リチャード・エッシャーは、「安っぽい宣伝行為」とツイートした。「宇宙飛行士や本物の星空を楽しみたい人々の邪魔にならなければいいが」

ヒューマニティー・スターは9カ月経つと、地球の重力につかまって大気圏に突入してその「使命」を終える。ロケット・ラボによると、アメリカでは2週間後ぐらいから見えるようになり、3月が見ごろだという。ロケット・ラボのサイトを見れば、ミラーボールがいつあなたの上空を通過するかわかる。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月