最新記事

天体

太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

2017年12月14日(木)19時20分
松丸さとみ

秒速87キロで高速移動

オウムアムアからの電波信号を探る作戦は、米国東部標準時間の13日午後3時(日本時間14日午前5時)に開始。世界最大の電波望遠鏡であるグリーンバンク望遠鏡を使い、無線周波数1〜12ギガヘルツの間の4つの帯域で電波を探る。

オウムアムアの移動スピードは最速で秒速87.3キロ。米誌アトランティックによると現在は、地球から太陽までの距離の2倍ほど地球から離れた場所を、秒速38.3キロのスピードで移動中だ。この距離だと、グリーンバンク望遠鏡なら携帯電話ほどのわずかな電波でも1分もせずに検知できるという。しかし猛スピードのため、来年には木星の軌道を越え、2020年代には太陽系の一番外にある冥王星の先に出て行ってしまう見込みだ。

居住可能な惑星探査のNASAも重大発表か

一方、米国航空宇宙局(NASA)が大きな発表を行う意向を明らかにし、こちらも「とうとう宇宙人と遭遇か!?」と、英紙メトロなど一部メディアが色めき立っている。

NASAの発表文によると会見は、太陽系外で居住可能な惑星の探査を行なっているケプラー望遠鏡の「最新の発見」に関するもの。グーグルの人工知能を使って発見したという。

会見は米国東部標準時間の14日午後1時(日本時間15日午前3時)からで、NASAのライブ配信ページにてリアルタイムで見ることができる。質問があれば会見中にツイッターでハッシュタグ「#askNASA」をつけて呟くように、と書かれているため、運が良ければ質問が取り上げてもらえるかもしれない。会見にはグーグルのシニア・ソフトウェア・エンジニアも出席する予定だ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月