最新記事

プロダクツ

世界のトップブランドが注目 プロダクトデザインをリードする深澤直人

2017年9月10日(日)13時55分
坂本 裕子 ※Pen Onlineより転載

ケトルとティーポットの両使いできる「Cha」シリーズから生まれたクリーマー。美しい流線型のフォルムがステンレス仕上げなのに温かさを感じさせます。 「Cha クリーマー」 ALESSI 2015年 アレッシィショップ青山蔵

ALESSI、ARTEMIDE、B&B ITALIA、BOFFI、DANESE、MAGIS、BELUX、LAMY、THONET、HERMAN MILLERなどの世界的ブランドから、無印良品、マルニ木工まで。プロダクトデザインやコンサルティングを手がけ、国を超えて活躍するデザイナー、深澤直人。ご存じない方でも、デザインケータイのブームを起こし、後のスマートフォンにもつながったau(KDDI)の携帯電話「INFOBAR」シリーズの、シンプルながら大胆で美しいデザインは覚えているのではないでしょうか?

彼の国内初の個展「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。電子精密機械から文具、家具、インテリア、家電など、多岐にわたる作品から選りすぐりで魅せる内容は、彼のプロダクトを一望し、創作のエッセンスを体感できるつくりになっています。

ambient-panasonic_MXMiE4M.jpg

全体が均一に光る「光の球」を実現した照明。会場で黒い壁に光るライトの
美しさは、この美術館での展覧会にふさわしいプロローグです。 「モディ
ファイ スフィア」 パナソニック株式会社 2012年

展覧会タイトル「AMBIENT」は「環境」を意味しますが、深澤はそこに「周囲」や「雰囲気」の含みを持たせます。彼が、常に使う人の存在と「もの」が置かれる空間を基本に置き、「もの」と空間が相互に作用して「いい雰囲気」が生まれることを考えてデザインしているからです。そうして彼のデザインした「もの」たちは、生活の中で使用され、置かれることで、周囲の空間もデザインしていくのです。

会場は、展示室を居住空間に見立て、彼の作品があたかも誰かの家を訪ねているかのように配置され、深澤の思想を立体化しています。玄関の照明に迎えられ、独りくつろぐ書斎をのぞき、機能美が際立つキッチンから、スマートで温かい雰囲気の居間へ。さらには身に着ける道具の棚を楽しみ、使いやすさと気持ちよさが一体化したバスルームや、思い思いの椅子に座って遊べるテラスや中庭まで。

ambient-panasonic_JwFiNZE.jpg

大きな木からくり抜かれたようなアームチェアは、その曲線をなぞり、座ってみたくなります。どんな空間にもあつらえたようにしっくりとおさまる魅力は、考え抜かれたフォルムと素材にあるのかもしれません。 左:「HIROSHIMA アームチェア」 マルニ木工 2008年 株式会社マルニ木工蔵 / 右:展示風景

ambient-panasonic_JpBYUBA.jpg

「彫刻の置物のようにしたかった」というサイドテーブルは、きのこのような有機的なやわらかさと、テーブルという家具であることを両立させ、さりげなく同時に確かな存在感で空間を飾りながら機能しています。 左:「AWA」 B&B ITALIA 2009年 NAOTO FUKASAWA DESIGN蔵 / 右:展示風景

ambient-panasonic_JZWWJTA.jpg

数字を12角形のガラス盤に換えたウォッチと握りやすさでおにぎりのような断面になったペン。機能とシンプル美の究極の形です。 左: 「ISSEY MIYAKE TWELVE NYOP001」 セイコーウオッチ株式会社 2015年 セイコーウオッチ株式会社蔵 / 右:「NOTO」 LAMY 2008年 NAOTO FUKASAWA DESIGN蔵

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月