最新記事

英王室

ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

2017年7月31日(月)19時33分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

8月31日の命日を控えて花や写真が飾られる Charles Platiau-REUTERS

<突然の死から20年を数えるプリンセス・ダイアナ。夫チャールズとの破綻した結婚生活が、ダイアナの肉声で語られる>

ダイアナは、チャールズ皇太子との夫婦関係に悩みエリザベス女王に助けを求めたが、救いの手は差し伸べられなかった――。

8月31日に没後20年を迎えるダイアナ元皇太子妃が、チャールズ皇太子との結婚生活の悩みを暴露した生前の映像が、英チャンネル4のドキュメンタリー「Diana:In Her Own Words」で放映される予定だ。

この映像は、92~93年にケンジントン宮殿でダイアナの元ボイストレーナーが撮影したもの。悩みや昔から抱えていた摂食障害で疲弊したダイアナが泣きながらエリザベス女王のもとを訪れたエピソードなどが語られるという。

映像は、2004年にアメリカで放映されており、チャールズ皇太子との破綻した結婚生活の様子がダイアナの口から語られた。なかでも、チャールズと当時愛人関係にあった、コーンウォール公爵夫人カミラとの問題に直面したとき、チャールズに冷たくあしらわれたことがわかる。チャールズは「愛人がいない唯一のウェールズ王子になりたくない」と言い放った。

さらにダイアナはこうも言っている。エリザベス女王の夫フィリップ殿下は息子チャールズに、ダイアナとの結婚がうまくいかなかったら、5年後にカミラのもとに戻ればいいと話した、と。

【参考記事】ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた
【参考記事】ヘンリー王子が心の問題を告白 その背景にあるものとは

王子らを心配する声も

内容が内容なだけに、ウィリアム王子とヘンリー王子が受けるショックを心配する声も上がっている。2人の王子の叔父にあたるスペンサー伯爵は、ダイアナ妃の実弟で、この極めてプライベートな録音内容を放送すれば、2人の王子が苦しむことになるとして、チャンネル4に放映を取りやめるよう求めている。

兄のウィリアム王子は、妻キャサリン妃との間に生まれた長女(シャーロット王女)に、ダイアナの名前を与えている。全名は、シャーロット・エリザベス・ダイアナで、後妻であるカミラの存在をシャットアウトするかのようだ。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月