最新記事

ユーチューバー

BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待されたのは猫か少女か?

2020年2月8日(土)16時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

炎上してしまった人気子役のグ・サランとペットのルイ。YTN news / facebook

<人気の子役スターが、自身のユーチューブチャンネルでペットの猫を虐待? 衝撃の映像はすぐさま炎上して──>

テレビ番組制作で、視聴率を稼げる3大テーマといえば「子供」「動物」「グルメ」だと言われてきた。時代が変わってYouTubeなど個人が動画配信する時代になった今でも、この3ジャンルの人気は不動のようだ。実際、2019年一番アクセスの多いユーチューバーランキング1位に輝いたのは、たった8歳のライアン・カジ君のチャンネルだった。

再生回数も稼げて、さらにかわいい我が子を世界中に配信できるのだから、親たちもヒートアップしてときにはトラブルも起きてしまう。韓国では、1月末、人気子役グ・サランちゃんを母親が撮影したYouTube動画が波紋を呼んでいる。

親を非難する意見、サランちゃん本人を批判する意見、そしてまだ8歳の子供に対して誹謗中傷が酷すぎるのではないかと擁護する意見など、さまざまな議論が交わされていたが、結局この炎上騒動がきっかけで、サランちゃんは出演していたテレビ番組を降板する事態にまでなってしまった。

炎上した"開封動画"

ことの発端は、1月16日YouTubeにアップされた動画だった。サランちゃんがプレゼントの開封を行っている姿を母親が撮影したものだ。"開封動画"はYouTubeでは定番の人気ジャンルだ。

問題となったのは途中から飼い猫が登場する部分。猫は箱の中身を確認するサランちゃんの方にやってきて、箱の中に入りたそうにする。サランちゃんは、その猫を押しのけたり、顔を叩くようなしぐさをしたり、大げさに言えば捕まえて少し放り投げたりしている。

配信後、この部分を見たネットユーザーが動物虐待だとして騒ぎ出した。批判が大きくなると、この動画はすぐに削除されたが、多くの人が映像を再アップしているため、今もYouTubeで検索すればいくつもの動画が出てくる状態だ。

事件について伝える韓国メディア

ニュース速報

ビジネス

英BA、従業員3万2000人の一時帰休で労組と交渉

ワールド

新型コロナ、スペインの死者が1万人超える

ビジネス

3月の世界食料価格は低下、新型コロナや原油安で

ビジネス

英企業の27%、一時的に従業員削減 新型コロナで

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月