最新記事

ニューズウィーク日本版特別編集『STAR WARS』本誌表紙ポスターを100名様に。

2019年12月12日(木)00時00分

ニューズウィーク日本版特別編集『STAR WARS』本誌の表紙をそのままB3変型判のポスターにした限定非売品を100名様にプレゼントします。

ルーカスフィルム公認アーティストのTSUNEO SANDA氏が本誌のために描き下ろし、本誌だけに使用を許された、きわめてレアなものです。応募方法はツイートするだけ。たくさんのご応募をお待ちしております。

【応募方法】
STEP1:
ニューズウィーク日本版公式Twitterアカウント@Newsweek_JAPANをフォローしてください。
STEP2:「ニューズウィーク日本版特別編集『STAR WARS』」の感想または写真を、ハッシュタグ「#swnewsweek」をつけてTwitterに投稿してください。
【応募締切】2020年1月19日(日)23:59
※Twitter応募の際には、下記の注意事項を必ずお読みください。

【当選発表】抽選のうえ当選者を決定。ご当選された方にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡いたします。賞品の発送は、2020年2月初旬の予定です。当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

〈問い合わせ先〉CCCメディアハウス マーケティング部 Tel.03-5436-5730


【応募に関する注意事項】 ●必ずニューズウィーク日本版公式Twitterアカウント@Newsweek_JAPANをフォローして参加をしてください。 ●非公開でツイートした場合や、ハッシュタグを変更してツイートした場合のご応募は無効となりますのでご注意ください。 ●キャンペーン期間終了後、2020年1月31日までは、ニューズウィーク日本版公式Twitterアカウントのフォローを解除せず、アカウントを公開状態にしてください。 ●誹謗・中傷するような内容のツイートはお控えください。 ●当選の権利を譲渡・換金することはできません。 ●当選状況について、お電話でのお問い合わせにはお答えできかねますのでご了承ください。 ●本キャンペーンは、『ニューズウィーク日本版』を発行する株式会社CCCメディアハウスが主催しています。Twitter社はこのキャンペーンの後援、承認、運営を一切行っておらず、Twitter社とは一切関係がありません。また本キャンペーンへの参加、および賞品に関して、Twitter社は一切の関与をせず、参加者はそのことに同意したものとみなされます。 ●ご応募いただいた時点で、応募要項(注意事項も含む)すべてにご承諾いただいたものとみなします。 ●ご当選されたお客さまからご提供いただいた情報は、賞品発送など、今回のキャンペーンの運営管理のためにのみ利用させていただきます。 ●当選時に、Twitterのダイレクトメッセージに記載された期日以内にご本人様による住所・氏名・電話番号など、必要な情報の連絡が行われない場合、当選を無効とさせていただきます。 ●本キャンペーンの一部またはすべてを事前に告知することなく、変更・中断あるいは中止または終了する場合があります。

ニュース速報

ワールド

上海ディズニー、25日から営業一時停止 新型肺炎の

ワールド

トルコ、ボラティリティーの抑制必要=中銀議事要旨

ワールド

全日空、1月の武漢便欠航を決定

ビジネス

中国人民銀、小規模銀行の送金上限引き上げ 新型肺炎

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 5

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 8

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 5

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 6

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 9

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 10

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月