最新記事

YouTube

過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転からタコのつかみ食いまで

2019年8月21日(水)19時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国No.ユーチューバー「ボラムチューブ」の過去動画よりボラムがベンツを運転しているようす JTBC News / YouTube

<1本の動画でマンションが買えるほどの報酬を生み出すという6歳のキッズユーチューバー。だが、その子は本当に動画を作りたいのだろうか>

今年発表された2018年度「日本の小学生がなりたい職業」第6位にユーチューバーが入っているように、ユーチューバーはすっかり職業として定着しているようだ。お隣りの韓国でも今年、韓国教育部が発表した2018年度版「小学生の希望する職業」第5位に今回初めてユーチューバーが登場し大人たちを驚かせた。韓国でもユーチューバーはあこがれの職業のようだ。

「自動車を運転する」動画

先月27日、アメリカのCNNにひとりの韓国人ユーチューバーが取り上げられ話題となった。YouTubeチャンネル「ボラムチューブ」のイ・ボラムちゃん6歳だ。ボラムちゃんは現在2つのチャンネルを保有している。

主に日常やチャレンジなどを公開している「ボラムチューブ・ブイログ」は約1850万人、おもちゃなどのレビューが中心の「ボラムチューブ・トイ・レビュー」は約1380万人がフォローしており、合計の登録者数は3230万人を超える。両親は家族で株式会社ボラムファミリーを設立し、YouTube動画制作中心の会社運営をしているのだが、CNNはこのボラムファミリーが今年4月、ソウルの富裕層が住む江南地域に地下1階地上5階建て258.3平方メートルのビルを95億ウォンで購入したと報道した。

もちろん、この話題は韓国国内のニュースでも報じられたが、この「ボラムチューブ」に対して問題視する声が上がっている。まだ6歳の女の子に大人が様々なことをさせてビデオに収め、それを本人の意思とは関係なく公開することは、幼児虐待ではないかというのだ。実際、過去に「ボラムチューブ」で公開された動画には「お父さんの財布からお金を盗む」「好きな人形を車で踏み潰す」「自動車を運転する」といったものがあったという。

実はこの「ボラムチューブ」は、すでに2017年9月、子供の権利保護を支援する国際NGO団体「セイブ・ザ・チルドレン」から「子供に精神的苦痛を与える映像を演出して撮影した児童虐待の疑い」で告発されている。ソウル家庭裁判所は、2018年7月29日ボラムチャンネルを含む子供をメインとしたYouTubeチャンネル数件を児童虐待と判断し、これらの子供たちの両親に専門家の心理カウンセリングを受けさせることとなった。

確かに最近、韓国の子供が登場するYouTubeチャンネルは、目先の再生回数欲しさに徐々に過激度を増しているようだ。ダンスを踊って公開する動画は一番多いが、なかには10歳の女の子にミニスカートを穿かせ、人気歌手ソンミのセクシーなダンスを踊らせる動画や、ASMR(自律感覚絶頂反応。マイクを近づけて様々な音を聞かせる)チャンネルでは、子供の口の音としてマイクをなめさせる番組まで存在する。もちろん、これらはすべて大人がやらせているのである。

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月