最新記事

投資

不動産投資はもう「安く買って高く売る」投資ではなくなっている

2019年2月18日(月)15時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

peeterv-iStock.

<「サラリーマンでも買える」不動産投資がいま注目されている理由。「ミドルリスク・ミドルリターン」となった不動産投資は、どんな魅力があり、どんな点に注意すべきか>

銀行預金の金利は上がらず、将来年金をどれだけもらえるかも分からない......そんな状況の中、そろそろ自分も資産運用を始めたほうがよさそうだ、と思う人が増えています。株式、債券、金(きん)など投資対象にはさまざまな種類がありますが、最近注目されているのが不動産投資です。

「サラリーマンでも買える」「300万円から投資できる」といった謳い文句を掲げる広告や書籍も目立つようになっていますが、果たして、そうした投資で本当に利益を出せるのでしょうか? 他の投資と比べて、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

不動産投資の最大の魅力は「インカムゲイン」

「不動産投資」とは、土地や建物といった不動産にお金を投じて利益を得ることです。

株式や金などの場合、購入したときよりも売却したときの価格が高ければ、その差額が利益になります。もちろん不動産でもそれは同じで、かつてバブルの時代には「(かなり)安く買って(ものすごく)高く売る」ことで莫大な財産を築いた人も多くいました。

しかし、近年人気を集めている不動産投資は、それとは違います。

企業の株式を保有している株主は、業績に応じて「配当金」を受け取ることができます。不動産投資における配当金のような存在が「賃料」です。購入した物件を貸し出すことで、そこから毎月一定の利益を手にすることができるのです。

配当金や賃料のように、保有していることで継続的に得られる利益を「インカムゲイン」と言います。反対に、売却したときに得られる利益を「キャピタルゲイン」と言い、投資の利益と言えば、このキャピタルゲインだと思っている人も多いかもしれません。

しかし、いま不動産投資が幅広い層に注目されているのは、まさに「インカムゲイン」の魅力が大きいからなのです。

「年利回り5%」でも定期預金の20倍になる

例えば、500万円でワンルームマンションを購入したとします。これを月5万円で貸し出すと、年間の賃料収入は60万円になります。利回りは12%。株式投資の平均利回りは6%前後と言われているので、その倍です。

実際、インターネットで検索してみると、300万円で利回り10%以上の投資用物件は多く見つかります。この場合、月々2万5000円、年間30万円の収入になります。「そんなものか......」と思うかもしれませんが、同じ300万円を銀行に預けておいた場合と比べれば、その差は歴然です。

ネット銀行でキャンペーンなどを活用しても、定期預金の金利はせいぜい0.25%。300万円を1年間預けて得られる利益(利息)は7500円です。もし300万円の物件で利回り5%だったとしても、年間15万円の賃料収入は、7500円の利息の20倍ということなのです。

株式の場合、企業が急成長を見せれば、時には株価が10倍(つまり1000%)以上になることもあります。しかし同時に、予期しない要因で急落することもありますし、最悪の場合には会社が倒産して株式価値がゼロになるリスクも抱えています。

一方、銀行預金はゼロになることはありません(銀行が破綻しても元本1000万円までは保護されるため)が、その分、得られる利益も少ないわけです。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発し420円高、米株高を好感 修正買い

ビジネス

楽天、1-6月期は274億円の純損失 売上収益予想

ビジネス

ソフトバンクG、20年4―6月期純損益は1.25兆

ビジネス

街角景気、7月は前月比+2.3ポイント 企業・雇用

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月