最新記事

ネットサービス

スマホを使った特化型のオンデマンドサービスの台頭で生活が変わる

食材宅配、洗濯、郵送手伝い...日常を便利にするサービスがぞくぞく登場

2015年10月28日(水)06時30分
三橋ゆか里(ITライター)

スマホ+オンデマンド  郵便局へのおつかいをしてくれるサービスShyp

 関東平野がすっぽり入ってしまうほどの大きさのアメリカ・ロサンゼルス。ダウンタウンなど商店などが集中している場所も中にはあるが、基本的には車で移動しないことには機能しない都市だ。ところが最近、スマホを使った特化型のオンデマンドサービスの台頭によってそれが変わってきている。

 共働き世帯やカップルをターゲットにするのが、料理キットサービスだ。仕事が忙しい時期は、食材の買い出しも面倒に感じる。「Blue Apron」や「Hello Fresh」といったサービスは独自にレシピを考案し、それを作るために必要な分の食材や調味料をまとめて届けてくれる。これなら、料理する度に材料を使い切るため無駄もない。

Blue Apron動画:



 健康を気をする人のためにヘルシーな食事を出前してくれるのが、「Munchery」 だ。専属のシェフが作るメイン・ディッシュ、サラダ、デザートなどがある。現在はサンフランシスコのみで展開するのが、アジアンな弁当を5〜10分で届けてくれる「Bento」だ。Uberもまた、「UberEATS」というフードデリバリーをロサンゼルスの一部地域限定で試験展開している。8ドル〜12ドルの地元レストランの料理をUberのドライバーが届けてくれるものだ。

UberEATS動画:



 オンデマンドサービスは、食事以外にも日常生活における様々なシーンで登場している。「Washio」は、洗濯とドライクリーニングのサービスだ。スマホの専用アプリからクリーニングに出したいものを選んで申し込むと、最短30分で家まで取りに来てくれる。もちろん、時間指定も可能だ。実際に使ってみたが、ブラウス一枚4.49ドル、ジャケット8.99ドルなど価格もリーズナブルで仕上がりにも満足だった。24時間頼めて、翌日に届けてもらうオプションがあるのも助かる。

Washio動画:



 郵便局へのおつかいをしてくれるのが「Shyp」だ。現在は、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、マイアミ、シカゴの5都市で展開している。スマホの専用アプリで依頼をすると、ものの20分で送りたいものをピックアップしに来てくれる。Shypの倉庫で梱包した上で発送してくれるため、送る側には何の準備もいらない。運送費用を比較することで最も安価な業者を選ぶ仕組みなど、透明性も高くて安心だ。

Shyp動画:



 郵便局に足を運ぶ頻度は一般家庭では限られるかもしれないが、例えば、オンラインショッピングの商品返却などにも使える。返却の手間を考えて止む無くキープしていた商品も簡単に手を離れる。また、ハンドメイドマーケットプレイスの「Etsy」や、世界中のバイヤーが現地の商品を代わりに購入してくれる「Buyma」のようなサービスで稼ぐ人にとっては、心強い助っ人になるだろう。

 気が遠くなりそうになる渋滞や、目的地での駐車スペース探し。ロサンゼルスでは、ひとたび車に乗って出掛けたなら、最低でも30分は失う覚悟が必要だと言われている。こうした特化型のオンデマンドサービスは、単なるアウトソースの利便性を越え、車社会ならではの不便によってその価値を多いに発揮していると言える。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 9

    インドネシア首都移転を大統領が正式表明 反響が薄…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月