ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

米朝合意、確証なき非核化への道

米朝合意、確証なき非核化への道

期限や具体策のない北朝鮮の「非核化」の約束は果たされるのか Jonathan Ernst-REUTERS

2018.06.14

米朝会談の勝者

普通の国になりたい北朝鮮 国際社会が今やるべきことは?

2018.06.20
米朝会談の勝者

米朝会談「アメリカは高潔・聡明、敵はクレイジー」外交のツケ

2018.06.19
欧州インサイドReport 木村正人

ドナルド・トランプの『米大統領版アプレンティス』生き残るのは誰だ!

[ロンドン発]シンガポールで12日開かれた歴史的な初の米朝首脳会談。米朝戦争という最悪の事態は回避したものの、北朝鮮の非核化という核心問題で

2018.06.13
米朝会談

まるで金正恩の代弁者だったトランプ 何より優先された会談の成功

2018.06.13
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプの「非核化」シナリオに深くコミットした安倍首相

<米朝合意に関する米メディアの評価は、おおむね「今後の推移を見守るしかない」という冷静な論調。しかし拉致問題を抱える日本はこのスローペースに

2018.06.13
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「何も決めない」米朝首脳会談を生んだトランプ外交

<史上初の米朝首脳会談は成功だった。非核化の詳細など揉めそうなことにはすべて蓋をして、トランプの手柄ありきの外交ショーだったからだ> 大方の

2018.06.13
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

これでウィンウィン? 金正恩とトランプの損得勘定

<米朝の合同声明文は漠然とした内容にとどまり評価が難しいが、トランプ・金正恩双方の現状を考えればどちらも「得した」ことになる> 世界が見守る

2018.06.13
体制保証

トランプはどうやって体制を保証するのか、金正恩は信じるか

2018.06.12
米朝首脳会談

「非核化」で骨抜きにされた「CVID」では、誰も核を手放さない

2018.06.12
米朝首脳会談

米朝首脳会談:非核化の成否、3つのシナリオ

2018.06.11
米朝会談 失敗の歴史

歴史で読み解く米朝交渉──神戸、金沢での経験を経て

2018.06.11

MAGAZINE

特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

2018-11・27号(11/20発売)

無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

人気ランキング

  • 1

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 2

    ゴーンの何が悪いのか?

  • 3

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高官の手口と国連の闇

  • 4

    APEC執務室に乱入した中国代表──国際スタンダードな…

  • 5

    日本の潜水艦「おうりゅう」が世界に先駆けリチウム…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    獲物の頭部を収集するコレクター・アントの謎

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 9

    ゴーンの何が悪いのか?

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 8

    人肉食が予防した不治の病

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!