コラム

トランプのコロナ感染に歓喜する中国人の本音

2020年10月31日(土)13時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

China's True Feelings / (c) 2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<アメリカの不幸を誰より喜ぶのが中国人なら、アメリカへの移民や留学のチャンスを誰よりしっかりとつかむのも中国人>

大型連休の国慶節が10月1日にスタートした直後、アメリカのトランプ大統領が新型コロナに感染したというニュースが世界を駆け巡った。これを聞いて最も喜んだのは大統領選のライバル、ジョー・バイデン候補ではない。海の向こうの中国人だ。

中国のSNS上に「笑える」と感染を喜ぶ声が次から次へと投稿され、テレビ局の取材を受けた中国人女性の「めでたい! めでたい! これは国慶節最高のプレゼント!」「全世界が共に喜ぶべきことだ!」という喜びのコメントが英訳され、ネットで世界に広がった。

19年前の9.11アメリカ同時多発テロでも、めでたい気持ちになった中国人は決して少数派ではなかった。首謀者のウサマ・ビンラディンが英雄視されたほどだ。

「アメリカの不幸」をこんなにも喜ぶなんて、中国人はそんなにアメリカが嫌いなのか? 実はそうとは限らない。先日、2021年に北京と上海で行われる「托福(TOEFL)」の申し込みが行われたが、開始5分で来年1~8月の定員が埋まった。iPhone12の予約もあっという間にいっぱいになった。

結局中国人はアメリカが嫌いなのか好きなのか。実は、この2つの感情は常に中国人の脳内に同居していて全く矛盾しない。

新中国成立以来、共産主義の愛国教育の核心は「反米」だ。毛沢東時代、人々は「米帝国主義がわれわれを滅ぼさんとする考えは消えてはいない」というプロパガンダをよく耳にした。習近平時代にも「アメリカは中国の発展を封じ込めようと意図している」という言い方を聞く。自分たちが貧しい時は全てアメリカのせい、豊かになると中国政府のおかげ。生活が苦しくなると反米か反日を始める。

しかし政治的に反米な中国人も、もしアメリカへ移民や留学できるチャンスがあれば必ず誰よりしっかりとつかむ。ニューヨークの自由の女神は中国人にとっても夢と勇気、さらに人生の出世と家族の繁栄の象徴だ。習近平主席は最近よく「人類運命共同体」を唱えているが、中国人の本音はまだ伝統的な「血縁運命共同体」。中国人ほど建前と本音を見事に使い分ける国民はいない。「商売人」のトランプも顔負けだ。

【ポイント】
托福
トゥオフー。英語を母語としない人向け英語能力測定試験TOEFLの中国語読み。英米圏への留学が出世につながることもあり「おかげさまで」という意味の中国語が当てられた。

人類運命共同体
自国だけでなく他国にも配慮し共に発展することを目指す価値観。憲法にも盛り込まれたが、南シナ海の力による現状変更などとの矛盾を指摘されている。

<本誌2020年11月3日号掲載>

20210420issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

4月20日号(4月13日発売)は「日本を置き去りにする デジタル先進国」特集。新型コロナを完全に抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本がすべきこととは。


プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工、3月は約15年ぶり高水準 許可件数の伸

ワールド

J&J、ワクチン競合に血栓リスク研究で連携要請 ア

ビジネス

FRB、コロナ収束後直ちに支援策縮小の必要=ダラス

ワールド

WHO事務局長、世界のコロナ感染急増に危機感 「過

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    エヴァと私の26年

  • 4

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 7

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

  • 10

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中