コラム

感染終息が見えてきたニューヨーク、最後の難題は治安悪化

2021年06月16日(水)13時40分

治安回復を訴えて支持を伸ばす民主党のエリック・アダムス候補 Brendan McDermid-REUTERS

<ワクチン接種率の向上で、ニューヨーク州全体ではほぼ「ノーマル」な経済活動が可能になったが>

ニューヨーク市は全米の中でも、新型コロナウイルスの感染拡大による被害が最も深刻な地域でした。2020年2月に最初の患者が出て以来、現在まで陽性者の累計は約78万人に達しています。死者については、公式数字だけでなく、いわゆる推定死を含めると3万3000人という極めて深刻な数字となっています。

これは人口10万人あたり392人という絶望的な数字であり、東京(死者2143、10万人あたり16人)の約24倍です。経済への影響も甚大です。マンハッタン島内のほぼ100%のオフィスワークがテレワークとなり、多くの人口が流出しました。

またブロードウェイなどの音楽や演劇も完全に停止状態となり、国内外からの観光客も一時は皆無となっていました。劇場街やオフィス街を中心に、飲食店への影響も甚大であり、最悪期には約1000店が閉店して、業界全体で50%の雇用が失われたと言われています。

ですが、ここへ来て状況は大きく好転しました。ワクチンの接種完了率(2回接種のワクチンの場合は2回完了)が成人の60%に迫る中で、死者ゼロの日も出てきたのです。そんな中で、この6月15日には、ニューヨーク州全体として、感染対策の「正常化」が発表されました。レストランや小売店、イベントなどでは、ワクチン接種者はマスク着用を義務付けず、ほぼ「ノーマル」な経済活動が可能になったのです。

さらに、ニューヨーク市としては、「正常化」をアピールするために、7月上旬には医療従事者など「コロナのヒーロー」を顕彰するパレードを、また8月にはセントラルパークでの「メガ・コンサート」を企画しています。そして、9月からは、ブロードウェイのミュージカルも、METのオペラも正常化させるとしています。

銃撃事件が激増

ですが、最後に1つ頭の痛い問題が残っています。それは、ニューヨークの治安が回復していないという点です。コロナ禍で荒廃し人影の消えた街を背景に、2020年からニューヨークではランダムな銃撃事件が激増しました。2021年に入ると、アジア系へのヘイト犯罪が増えましたが、銃撃事件の件数もさらに増えています。

そんな中で、2021年5月8日には、市の中心というべきタイムズ・スクエアで銃撃事件が発生し、幼児を含む州外の観光客など4人が負傷し全市に衝撃を与えました。ランダムな銃撃に関しては、現在でも週末を中心に発生しています。

また、この5月末からマンハッタン南部のワシントン・スクエア・パークで、週末になると多くの群衆が集まって麻薬や酒の狂宴を繰り広げ、警官隊と対決するという問題が起きています。この地域は、グリニッジ・ビレッジといって若者の文化活動の中心ですが、コミュニティーの大きな構成員であるニューヨーク大学の学生、関係者がコロナ禍のために不在になっており、その真空地帯が無秩序な群衆を吸引しているのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米債務上限引き上げなければ経済的惨事、ホワイトハウ

ワールド

IMF理事会、世銀報告書へのゲオルギエワ氏の関与を

ワールド

米、コロナワクチン追加接種展開の用意 規制当局の承

ワールド

米、アラブ諸国とイスラエルの国交正常化推進 アブラ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中