コラム

バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

2020年08月12日(水)12時00分

5つ目は、スーザン・ライス氏が副大統領候補から外れたことで、彼女がバイデン外交の中核として登場する可能性が出てきました。自由陣営の結束、国際的なサプライチェーンの再建、そのための中国との関係の調整、少なくとも「通商問題と、人権問題の切り離し」ということが、俄然リアリティを持ってきました。

6つ目は、生粋のサンフランシスコ「ベイエリア」出身であるハリス氏の指名で、この地域の民主党人脈が更に強力になるということです。彼らは、内政に関しては中道、外交や経済ではグローバリストですが、同時に太平洋国家カリフォルニアを代表する中で、第二次大戦の戦勝レガシーには忠実です。ですから、日本国内でのいわゆる歴史修正主義的な姿勢との相性は良くないことは計算しておく必要があります。小池百合子氏などは既によくご存知だと思います。

7つ目として、強い人物であるということは反対に激しいバッシングも浴びるでしょう。ですが、「ジャマイカ・インド系の2世でありアメリカ黒人の末裔ではない」とか「夫君はユダヤ系でハリウッドのセレブ弁護士」だというバッシングは既に経験しており、多少のことでは潰れないと思います。

8つ目は、これで時代が大きく進むという感触です。3月に大統領選から撤退する際には「アメリカはまだ有色人種の女性大統領を受け入れる用意がなかった」という捨てゼリフを吐いたハリス氏ですが、BLM運動の予想外の展開の中で、アメリカという社会は確かに時間軸を先へと進めることになりました。ハリス氏はその象徴となりうる人物だと思います。

<関連記事:トランプ姪の暴露本は予想外の面白さ──裸の王様を担ぎ上げ、甘い汁を吸う人たちの罪

【話題の記事】
・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見
・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米国の西半分でコロナ感染まん延、積極的な防止策を=

ワールド

ハリケーン「ゼータ」が米南部上陸、倒木などで3人死

ワールド

米大統領選、期日前投票8000万人超 100年ぶり

ワールド

米、年末にも新型コロナワクチンの接種可能に ファウ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!