コラム

民主党予備選まで2カ月、トランプ弾劾と同時進行の異常事態

2019年12月05日(木)17時20分
民主党予備選まで2カ月、トランプ弾劾と同時進行の異常事態

予備選と弾劾が同時進行する前代未聞の事態に Brendan Mcdermid-REUTERS

<当初の乱立状態から候補者が絞り込まれ、実現可能な中道政策へと論戦がシフトする可能性も>

ここのところアメリカのテレビニュース報道は「トランプ弾劾」ばかりが話題になっています。弾劾の容疑は「政敵であるバイデン前副大統領の息子を捜査しないと、軍事援助を打ち切る」とウクライナの大統領に圧力をかけた件で、どう考えても異常な行為です。ですが、3分の2の賛成が必要とされる上院では共和党が過半数であり、弾劾が成立する可能性はほとんどありません。

問題は、それでも政府高官や法律学者などが次々に議会で「大統領の行為には驚いた」とか「明らかなに違法だ」と証言すると、そればかりがニュースで大きく取り上げられることです。その結果として、佳境を迎えている民主党の大統領予備選については、テレビでも新聞やネットでも2番目以降の扱いとなっています。

これは、ある程度予想された事態であり、だからこそ議会民主党のリーダーであるナンシー・ペロシ下院議長は弾劾には消極的だったのです。ですが、「ウクライナ問題」の疑惑が余りに異常だったために、党内の突き上げが抑えられなかったということのようです。

その一方で、ここへ来て民主党内の予備選レースはかなり様相が変化して来ました。

オローク、ハリスの脱落

まず、当初は20人以上が乱立していましたが、候補者が絞られてきました。予備選本番がスタートするアイオワ党員集会まで2カ月となるなかで、民主党の全国委員会が「テレビ討論の参加人数」を絞りにかかっていることもありますが、有力視されていた候補の中でも脱落者が出てきているのも事実です。

例えば、2018年の中間選挙においてテキサス州でテッド・クルーズ議員相手に善戦したベト・オローク氏は、一時期は有力候補の1人と言われていましたが、エルパソでの乱射事件以降は銃規制を中心に訴えた結果、保守州での支持率が下がり、撤退に追い込まれています。

また一時期は全国平均で15%近い支持を集め、アイオワ州ではトップを走っていたこともあるカマラ・ハリス上院議員は、その後の支持が低迷する中で、12月に入って撤退を表明しています。本人は「アメリカは、有色人種の女性(彼女はジャマイカ、インド系)を大統領にする用意ができていなかった」などと怒っていますが、実際は選対が左派と穏健派に分裂するなど運動継続が難しくなっていたようです。

そんな中、12月19日(木)に行われる第5回の予備選テレビ討論の参加者が確定しました。党の全国委員会の決定により、今回は6人という狭き門となったのですが、その中にはヘッジファンドで財をなしたトム・ステイヤー候補が入っているとして一部には批判があります。テレビ討論の参加資格である、個人献金人数や世論調査での支持率をカネで手に入れたという批判です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!