コラム

民主党予備選まで2カ月、トランプ弾劾と同時進行の異常事態

2019年12月05日(木)17時20分
民主党予備選まで2カ月、トランプ弾劾と同時進行の異常事態

予備選と弾劾が同時進行する前代未聞の事態に Brendan Mcdermid-REUTERS

<当初の乱立状態から候補者が絞り込まれ、実現可能な中道政策へと論戦がシフトする可能性も>

ここのところアメリカのテレビニュース報道は「トランプ弾劾」ばかりが話題になっています。弾劾の容疑は「政敵であるバイデン前副大統領の息子を捜査しないと、軍事援助を打ち切る」とウクライナの大統領に圧力をかけた件で、どう考えても異常な行為です。ですが、3分の2の賛成が必要とされる上院では共和党が過半数であり、弾劾が成立する可能性はほとんどありません。

問題は、それでも政府高官や法律学者などが次々に議会で「大統領の行為には驚いた」とか「明らかなに違法だ」と証言すると、そればかりがニュースで大きく取り上げられることです。その結果として、佳境を迎えている民主党の大統領予備選については、テレビでも新聞やネットでも2番目以降の扱いとなっています。

これは、ある程度予想された事態であり、だからこそ議会民主党のリーダーであるナンシー・ペロシ下院議長は弾劾には消極的だったのです。ですが、「ウクライナ問題」の疑惑が余りに異常だったために、党内の突き上げが抑えられなかったということのようです。

その一方で、ここへ来て民主党内の予備選レースはかなり様相が変化して来ました。

オローク、ハリスの脱落

まず、当初は20人以上が乱立していましたが、候補者が絞られてきました。予備選本番がスタートするアイオワ党員集会まで2カ月となるなかで、民主党の全国委員会が「テレビ討論の参加人数」を絞りにかかっていることもありますが、有力視されていた候補の中でも脱落者が出てきているのも事実です。

例えば、2018年の中間選挙においてテキサス州でテッド・クルーズ議員相手に善戦したベト・オローク氏は、一時期は有力候補の1人と言われていましたが、エルパソでの乱射事件以降は銃規制を中心に訴えた結果、保守州での支持率が下がり、撤退に追い込まれています。

また一時期は全国平均で15%近い支持を集め、アイオワ州ではトップを走っていたこともあるカマラ・ハリス上院議員は、その後の支持が低迷する中で、12月に入って撤退を表明しています。本人は「アメリカは、有色人種の女性(彼女はジャマイカ、インド系)を大統領にする用意ができていなかった」などと怒っていますが、実際は選対が左派と穏健派に分裂するなど運動継続が難しくなっていたようです。

そんな中、12月19日(木)に行われる第5回の予備選テレビ討論の参加者が確定しました。党の全国委員会の決定により、今回は6人という狭き門となったのですが、その中にはヘッジファンドで財をなしたトム・ステイヤー候補が入っているとして一部には批判があります。テレビ討論の参加資格である、個人献金人数や世論調査での支持率をカネで手に入れたという批判です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 8

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 9

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!