プレスリリース

株式会社リジョブは「第4回 WOMAN’s VALUE AWARD」において、【企業部門】【個人部門】をダブル受賞しました。

2022年01月17日(月)16時30分

 美容・ヘルスケア・介護といった“おもてなし業界”に特化した求人サイト運営等を行う、株式会社リジョブ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:鈴木 一平、以下リジョブ)は、このたび「第4回 WOMAN’s VALUE AWARD」(主催:一般社団法人日本ウーマンズバリュートレーニング協会)において、【企業部門:優秀賞】および【個人部門賞(植田 美保)】をダブル受賞いたしました。また、今回のダブル受賞に伴い、1月14日(金)に受賞企業および受賞者による“働く女子たちが今聞きたいプロフェッショナルの想いとは”と題するトークセッションイベントにメンバー2名が登壇いたしましたので、ご報告いたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/SmkL4i9TxxniH6zFnnI5.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/nQ8ssCFGQKo9Prd9BwC5.png


■ 「WOMAN’s VALUE AWARD」とは?


「WOMAN’s VALUE AWARD」は、女性の活躍を推進する企業および、女性×キャリアを象徴する女性たちを選出・表彰する、今年4回目を迎えるアワードです。
 
 様々な環境におかれ、多様なキャリアプランをもつ女性がいるこの社会において、 「真の意味での“女性活躍とはなにか”をともに考え、企業の取組みや個人の努力を評価し、共有することで若い世代に向けてのエールを送りたい」という開催趣旨に賛同し、リジョブはこの度【企業部門】【個人部門】それぞれに初エントリー。両部門で受賞を果たしました。
※就職活動中の女子学生や、リアルに働く女性たちの投票、および選考審査員による厳正な審査によって受賞企業が決定されます。


WOMAN's VALUE AWARD 2021 | LiLi : https://award2021.lili.ne.jp/


■『企業部門:優秀賞』を初受賞!


株式会社リジョブ 優秀賞|WOMAN’S VALUE AWARD 2021 企業部門 : https://award2021.lili.ne.jp/2021/company_19.html


画像 : https://newscast.jp/attachments/bINf1YIarqLkzTdCFcZy.jpg


 私たちリジョブは、美容室・ネイルサロン・リラクゼーションといった、女性に縁の深い“おもてなし業界”で働く方々を応援する、メンバー約200名のITベンチャー。社内においても、性別に分け隔てなく、働きがいのある組織づくりを推進してきました。メンバーの女性比率は約6割、各チームをまとめる存在「チームリーダー」はその約7割を女性が担う、女性が多数活躍する企業です。
 社内にはCHOをはじめ、財務経理部やクライアント支援Div.でそれぞれ統括マネージャーとして活躍する女性管理職メンバーや、グループ会社執行役員を務める入社11年目の女性メンバーも。ほかにも社長室メンバー、サテライトオフィスリーダーなど、事業と組織づくりの中心を担う女性が多数活躍しています。それぞれのライフステージや事情に配慮しつつ、一人ひとりの「誰かのためになる仕事をしたい」想いを応援し、長く働き続けられる組織づくりを目指す姿勢が評価され、この度の受賞に繋がりました。


■『個人部門:植田 美保』が初受賞!


植田美保 様 個人受賞|WOMAN’S VALUE AWARD 2021 個人部門 : https://award2021.lili.ne.jp/2021/ind_06.html


画像 : https://newscast.jp/attachments/SFwdkJ1MWGVQ5GJSdU3i.jpeg


 また、企業部門と合わせて、個人部門賞を リジョブ CSV推進室 兼 RV推進室 部門責任者および、グループ会社であるリザービア執行役員を務める、植田 美保(うえだ みほ) が初受賞。植田はリジョブの新卒1期生として入社した後、営業マネージャー、大阪支社長経て、フィリピンの貧困層の方の自立を支える「CSV推進 咲くらプロジェクト」を立ち上げ現地法人代表に着任。現地で開講してきた「セラピスト養成講座」卒業生は500名を超え、卒業後の就労に結びついています。帰国後は、グループ会社リザービアの執行役員に就任しました。
 スタートは「ごく普通の新入社員」だったという彼女は「期待以上の成果を出し、信頼を積み重ねる」ことでマネージャーになった時に、自己成長から意識が外側に向き「関わるすべての人にプラスの影響を与えられる人になりたい」という、ライフビジョンを確立。現在はRグループで担う「サロン経営の最課題である求人と集客を、両軸でサポートする仕組み」を美容業界に浸透させることで、お客様をより幸せにできるよう、そして続く後輩にチャンスを与えらえるようにと挑戦を続ける姿勢が評価され、今回の受賞に至りました。


■株式会社リジョブについて


 2009年にメンバー数名で創業し、セラピスト専門の求人サイトからスタートしたリジョブは、以来美容・ヘルスケア・介護ケアといった「おもてなし業界」において、 求人メディア運営や就職応援フェアの開催、 多様な働き方を研究・発信する業界応援Webマガジンの運営、美容専門学生向けの奨学金制度等を通し、求職者様とオーナー企業様のご縁を結ぶお手伝いをしてまいりました。
 創業10周年を機に、ソーシャルビジョンを 「人と人との結び目を世界中で増やし 心の豊かさあふれる社会を創る」へ刷新。IT化が進み簡単に人と人とが繋がれる時代だからこそ、その繋がりを良いご縁・温もりある結び目へと昇華したいという想いを込めています。2020年には新ビジョンを体現すべく、自治体とともに地方を創生する「真鶴サテライトオフィス」を立ち上げたほか、サービスのプロダクトビジョンを「想いを結ぶ」と定めました。また、 おもてなし業界における「育成支援」「雇用支援」の次の「活躍支援」をより強化すべく、新たにリジョブグループとなった株式会社リザービアによる、サロンの自社集客支援事業を展開しています。
 私たちはこれらの事業やプロジェクトを通して、人と人・国と国・可能性と可能性といった、色とりどりの様々な「結び目」を創ることを通して、心の豊かさあふれる社会を築いていきます。


【ご報告】2022年1月14日(金)、受賞記念オンラインイベントに登壇しました!


「WOMAN‘s VALUE AWARD」を運営する一般社団法人日本ウーマンズバリュートレーニング協会が主催する、“働く女子たちが今聞きたいプロフェッショナルの想いとは”と題した、スペシャルイベント。この受賞企業および受賞者によるトークセッションイベントに、個人部門受賞の 植田 美保(株式会社リジョブ CSV推進室 兼 RV推進室 部門責任者 および 株式会社リザービア執行役員) および、企業部門を代表して 赤羽 順子(株式会社リジョブ クライアント支援Div. 統括マネージャー) が登壇しました。
 リジョブの持ち時間60分間の中で、植田および赤羽それぞれのキャリアの歩みを紹介するとともに、「リジョブにとっての女性活躍とは?」「どのような会社、社会を創っていきたいか?」「これから社会で活躍する女子学生へのメッセージ」といった項目について答えつつ進行する、和やかで活気あふれるイベントとなりました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ezALuVGa9BQj9lw66nkz.png


【 報道関係のお問い合わせ先 】


株式会社リジョブ コーポレート推進ユニット
広報担当: 那須 / 窪田
TEL:03-5937-2354  
URL:https://rejob.co.jp/  
e-mail:pr@rejob.co.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRB、将来的にMBS売却検討の公算=NY連銀総裁

ビジネス

米国株式市場=S&P下落、テスラなどグロース株に売

ビジネス

米財務長官、ポーランドを説得できず 法人税最低税率

ワールド

トルコ、北欧2国NATO加盟不支持を再表明 「代表

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 2

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 3

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 4

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 8

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 9

    NATO加盟で腹をくくったフィンランド、マリン首相は…

  • 10

    「体育座りは体に悪い」という記事でもっと気になっ…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中