コラム

FOMC利下げ示唆、ポイントは2つ

2019年06月20日(木)13時58分
FOMC利下げ示唆、ポイントは2つ

7月に利下げが行われるかどうかは、依然予断を許さない(FRBのパウエル議長) Al Drago-REUTERS

<FOMCのメンバーは長期的には利上げで一致したが、短期的に利下げをすべきかどうかでは意見が真っ二つに割れた>

FOMCの声明文、とりわけいわゆるドットチャートによれば、半数近くのメンバーが年内の利下げ0.5%を見込んでいるということで、金融市場は当初の期待通りの結果で、ドルは若干安くなり、金利低下、株価もわずかに上昇した。

興味深い点が2点ある。

まずは、利下げを予想するメンバーが半数いたのと同時に利下げなしを予想するメンバーも半数いたこと。これは真っ二つに割れている、ということで、昨年12月時点の利上げ方向とは様相を一変し、利上げはなくなったわけだが、一方で、利下げとなるかどうかはまだ五分五分、というところ。さらに、これが今年の利下げはなく来年度を彼らが見込んでいるかというと、そうではなく、来年の水準も真っ二つに分かれている。

つまり、利下げの時期をめぐって争っているのではなく、そもそも利下げが必要かどうかをめぐって争っているのである。これは通常の中央銀行の利下げ方向の金融政策ではあまりないことであり、今後も予測がつかない。

さらに、長期の金利水準については、この二極化は解消され、利上げ方向で統一されている。つまり、ゆくゆくは利上げで、利上げ方向をめぐっては、その是非ではなく、タイミング、時期の争いとなっているのである。

市場の読みは短期的には正しい

これを中立的に見れば、依然として大局的には、金融政策は今後利上げ方向にあり、利下げがあるとしても一時的ということだ。

金融市場の投資家たちの期待は、長期で考えれば間違っていることになるが、中期的には間違っているわけではなく、短期的には正しかった、ということが示されたのが昨夜のFOMCということである。

もう一つのポイントは金融市場の反応で、株式市場はFOMCの結果はほぼ予想通り、為替はドル下げ方向に若干サプライズ、金利(債券)は一定のサプライズということになった。つまり、理論派の債券市場はサプライズ、投機家的あるいは狩猟民族的な株式市場にとっては予想通り、ということで、これは長期と短期のずれと同様の傾向を示している。

すなわち、短期志向の投機家にとっては予想通り、長期を考える理論派投資家にとっては利下げ方向への若干のサプライズ(あるいは依然として懐疑的)ということを示している。

したがって、市場の期待と本来の金融政策の考え方(雇用を目的に金融政策を考える、インフレは制約条件という現代的な考え方)がずれているように見えるのは、単に短期のことと長期のこと、という区別をすれば矛盾はないことになる。

要は市場は最大数か月の短期のことしか考えていないということを改めて示したに過ぎない。

7月に実際に利下げになるかどうかは依然予断を許さない。

*この記事は「小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記」からの転載です

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 10

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!