Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.9.24号(9/18発売)

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019年9月24日号(9/18発売)

Cover Story

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

歴史 日韓が陥る「記憶の政治」の愚
ルポ 私にとって韓国は長年「最も遠い国」だった
主張 日本が朝鮮統一を支持すべき理由

気温上昇2度未満の戦い

気候変動 パリ協定の目標達成には各国政府の自覚と国民の圧力が必要だ
新研究 殺人的な熱波が欧州と世界を襲う日
テクノロジー 空気中のCO2を回収せよ!
観光 温暖化で氷河ツアーがアツイ
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES そして民主党討論会の勝者は?
IRAN ボルトン去っても緊張緩和は遠く
GERMANY ドイツを揺さぶるネオナチ政党の勝利
BRAZIL アメコミの同性愛キスがブラジルの論争に
GO FIGURE オバマケア弱体化で無保険者は増加
UNITED STATES MIT伊藤の辞任とアメリカの闇
Asia
HONG KONG 香港デモはなぜリーダー不在なのか
News Gallery
UNITED NATIONS 通学カバンの墓標は語り掛ける
NORTHERN IRELAND 翻弄される北アイルランドに火の手
Business
ECBは贅沢な悩みに過剰反応するな
【FEATURES & ANALYSIS】
宇宙開発 中印が月の向こうに見る野望
台湾 蔡英文の学歴疑惑は古い男たちの陰謀か
韓国 文が検察改革に固執する訳
米政治 アメリカを縛る9.11のトラウマ
ファッション ブルージーンズのブラックすぎる現実
【LIFE/STYLE】
Fashion ファッション界の新星都市たち
Movies SNS時代のティーン映画『エイス・グレード」
Movies 『ホテル・ムンバイ』の名もなき英雄
Sexology データが物語るポルノ愛好者の真実
Dance 日本文化は「バレエ男子」がお好き
Television 米女子プロレスのスターが語る過去と未来
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 製薬会社の嘘とオピオイド危機(パックン)
Letters
People

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!