コラム

中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

2018年01月04日(木)20時40分

ところで、なぜ中国政府はナイトエコノミーを発展させようとしているのだろうか。それは今、中国経済が転換期を迎えたことに起因している。

製造業と公共投資に頼った成長は、既に限界に達している。いま中国に必要なのは「産業昇級(産業アップグレード)」、すなわちサービス産業への転換だ。ひと口にサービス産業といってもさまざまな種類があるが、その全てをバランスよく発展させる必要がある。ナイトエコノミーとて例外ではないというわけだ。

もちろん、ナイトエコノミーの一角を成すとはいえ、お堅い中国共産党が性風俗を今すぐに認めることはないだろう。だが、将来的にはそちらに舵を切ることは間違いない。性に対する欲求は人間の本能であり、決して消し去ることはできない。また、性産業を一律に禁止すれば、それは働く人の権利の侵害ともなる。性産業で働くことで救われる人は大勢いるのだ。

「禁止」すれば、ボッタクリ店が増え、働く女性のリスクも高まる

とはいえ、借金のかたに働かされるなど仕事を強要されたり、人身売買の温床になったり、黒社会の資金源になるなど、性産業にはいろいろと問題がある。ただ、頭ごなしに禁止しても、こうした問題は解決しないだろう。禁止すれば、性産業は地下に潜ってしまい、当局の感知しえないところで問題が拡大するばかりだからだ。

この「頭ごなしの禁止」という、愚かな失敗を犯した自治体がある。東京都だ。

2004年、石原慎太郎都知事(当時)は「歌舞伎町浄化作戦」を開始し、治安対策と称して風俗店をバンバン摘発していった。私はニューズウィーク日本版のコラムで批判し、禁止ではなく適切な管理こそが唯一の解決策だと訴えたが、都知事が聞き入れることはなかった。どちらの主張が正しかったのか、今となっては明らかだ。

歌舞伎町から追い出された性風俗業者は近郊の街に移り、地下に潜っていった。ボッタクリ店も増え、被害を受けた客も多い。

性風俗従事者にとってもツライことばかりだ。店がなくなったため、街娼となった女性も少なくない。店に所属していれば定期的な性病検査があり、また一部の客が暴力を振るうようなことがあっても守ってもらえる。街娼となれば全てのリスクは自分次第なのだ。

この簡単な道理をなぜ都知事が分からなかったのか......。「美しい国に性風俗は不要」などというメンツだけの話だったのではないか。

中国も同じだ。清く正しい社会主義を標榜するなかで性風俗を認められずにきた。しかし今、静かに潮目が変わりつつあることを感じる。中国のナイトエコノミーの発展が一定レベルに達したとき、歴史的大転換が訪れるかもしれない。

そのときは「元・中国人、現・日本人」の私が、歌舞伎町で得た知恵でお手伝いすることができるだろう。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ドルほぼ変わらず、米10年債利回り3%突破に反応薄

ビジネス

武田、シャイアー買収で暫定合意 25日にも発表へ=

ビジネス

米国株式市場は下落、長期金利上昇で企業の資金調達に

ビジネス

ヘッジ付・オープン外債増加=明治安田生命運用計画

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 5

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 6

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 7

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 8

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 9

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!