コラム

中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない!

2018年01月04日(木)20時40分

ところで、なぜ中国政府はナイトエコノミーを発展させようとしているのだろうか。それは今、中国経済が転換期を迎えたことに起因している。

製造業と公共投資に頼った成長は、既に限界に達している。いま中国に必要なのは「産業昇級(産業アップグレード)」、すなわちサービス産業への転換だ。ひと口にサービス産業といってもさまざまな種類があるが、その全てをバランスよく発展させる必要がある。ナイトエコノミーとて例外ではないというわけだ。

もちろん、ナイトエコノミーの一角を成すとはいえ、お堅い中国共産党が性風俗を今すぐに認めることはないだろう。だが、将来的にはそちらに舵を切ることは間違いない。性に対する欲求は人間の本能であり、決して消し去ることはできない。また、性産業を一律に禁止すれば、それは働く人の権利の侵害ともなる。性産業で働くことで救われる人は大勢いるのだ。

「禁止」すれば、ボッタクリ店が増え、働く女性のリスクも高まる

とはいえ、借金のかたに働かされるなど仕事を強要されたり、人身売買の温床になったり、黒社会の資金源になるなど、性産業にはいろいろと問題がある。ただ、頭ごなしに禁止しても、こうした問題は解決しないだろう。禁止すれば、性産業は地下に潜ってしまい、当局の感知しえないところで問題が拡大するばかりだからだ。

この「頭ごなしの禁止」という、愚かな失敗を犯した自治体がある。東京都だ。

2004年、石原慎太郎都知事(当時)は「歌舞伎町浄化作戦」を開始し、治安対策と称して風俗店をバンバン摘発していった。私はニューズウィーク日本版のコラムで批判し、禁止ではなく適切な管理こそが唯一の解決策だと訴えたが、都知事が聞き入れることはなかった。どちらの主張が正しかったのか、今となっては明らかだ。

歌舞伎町から追い出された性風俗業者は近郊の街に移り、地下に潜っていった。ボッタクリ店も増え、被害を受けた客も多い。

性風俗従事者にとってもツライことばかりだ。店がなくなったため、街娼となった女性も少なくない。店に所属していれば定期的な性病検査があり、また一部の客が暴力を振るうようなことがあっても守ってもらえる。街娼となれば全てのリスクは自分次第なのだ。

この簡単な道理をなぜ都知事が分からなかったのか......。「美しい国に性風俗は不要」などというメンツだけの話だったのではないか。

中国も同じだ。清く正しい社会主義を標榜するなかで性風俗を認められずにきた。しかし今、静かに潮目が変わりつつあることを感じる。中国のナイトエコノミーの発展が一定レベルに達したとき、歴史的大転換が訪れるかもしれない。

そのときは「元・中国人、現・日本人」の私が、歌舞伎町で得た知恵でお手伝いすることができるだろう。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

アングル:輝き失った人民元売り持ち、ヘッジファンド

ワールド

焦点:トランプ貿易戦争、米中西部に生む「勝ち組と負

ビジネス

アングル:指標に見るトルコ金融市場の「惨状」

ワールド

米国が対中追加関税発動させる確率60%=ゴールドマ

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 5

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 6

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 7

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!