コラム

新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

2018年12月20日(木)20時55分
新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

街角で会いましょう!(ゴミ拾いボランティアNPOグリーンバードの活動に参加する筆者) 写真提供:筆者

<自分が「主演」するドキュメンタリー映画の上映に通い続けて、大きな発見があった。2015年の新宿区議選で私が立候補したときに投票してくれた人、東京で在日外国人と関わり合って暮らす人......。そんな人たちの生の声を聞く機会を得られたのだ。そして私は14年間続けてきたこのコラムをいったん休載する>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

3年前の私の選挙戦を取材したケイヒ監督のドキュメンタリー映画『選挙に出たい』の上映が、東京中野区のポレポレ東中野で続いている。東京の公開は12月21日まで、1月からは横浜、名古屋、京都、大阪の各都市で上映が始まる。東中野ではほぼ毎日、上映が終わった後にスクリーンの前に立って観客のみなさんに挨拶している。大変好評で、映画を見た後、必ずホンモノの主演男優と交流できるという新しいスタイルの映画興行を確立した、と自負している(笑)。

もちろん、1人でも多くの人にこの映画を見てもらいたいからだが、私自身にとっても大きな発見があった。2015年の新宿区議選で私は1018票を獲得したのだが、選挙の素人だったから正直誰が投票してくれたのか、ほとんど分からなかった。それが、映画上映後に観客と交流していると、「私、あの時投票したよ!」という人が何人も名乗り出てくれたのだ。

それだけではない。学生時代に歌舞伎町のディスコでアルバイトをしていたという男性はこう語ってくれた。

「映画を見て選挙の大変さが分かった。歌舞伎町の住人だって政治に関心がないわけじゃない。関心が持ちにくいのは、自分たちの代表がいないからだ」

こんな人もいた。杉並区民だが、外国人向け日本語教室のボランティアをしているという女性だ。

「私たちは飲食店で働く『外国人ママ』にも日本語を教えているんだけど、正直どんな風に対応していいか分からない時がある。彼女たちは日本が好きで日本に来ている。決して出稼ぎばかりじゃない。彼女たちにどう対応したらいいか、教えてほしい」

こういった生の住民の声を聞いて、私は改めて政治家として自分がやるべきことを理解した。まず実現しなければいけないのは、日本人にとっても外国人にとっても安全で安心な街づくりだ。私が住む新宿は住民の12.5%、8人に1人が外国人を占める。先日の国会で新しい入管法が成立したが、これからどんどん外国人労働者は日本で増えていく。彼らを排除するだけでなく、どうにかして同じ日本に暮らす仲間として受け入れることが必要だ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、英首相の勝利祝福 「大規模な貿易

ビジネス

アングル:長期金利ゼロ%の「壁」、世界的リスクオン

ワールド

焦点:トランプ氏弾劾、「権力乱用」と「議会妨害」は

ワールド

英総選挙、労働党の87歳ベテラン議員が保守党候補に

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 7

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 8

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!