コラム

美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

2016年11月23日(水)06時58分
美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

写真提供:筆者(すべて)

<起業家の大会に招かれて訪れた「中国のハワイ」こと海南島。自然は素晴らしく、アトラクション、夜の娯楽も充実。カジノ解禁の議論も進み観光地として飛躍する可能性を秘めているが、中国のサービスはまだまだ三流だ> (上写真:海南島のビーチと、美女の雑技ショー)

 新宿案内人の李小牧です。前回のコラムでは、海南島で11月11日に開かれた若手起業家の世界的ネットワーク「EO」(Entrepreneurs' Organization、起業家機構)の中国大会で講演したことについて書いたが、今回はその「中国のハワイ」こと海南島の体験記をお届けしたい。最高の自然とレジャー施設、そして、それを台無しにする三流のサービスを味わってきた。

 海南島を訪れたのは初めてだった。ビーチリゾートである海南省の三亜市には6泊もさせてもらったのだが、この間の主な仕事は講演の1時間だけ。残る時間はたっぷりと「中国のハワイ」を堪能させてもらった。青い空と白い砂浜、美しい海は見事というしかない。本物のハワイ以上だと感じた(もちろんハワイには行ったことがある)。

 ビーチを歩くと、中国人、とりわけ北方の人間が目立つ。中国北部の冬といえば、石炭暖房による大気汚染が深刻だ。PM2.5から脱出してきた人も少なくないのだろう。

lee161123-2.jpg

 すばらしいのは自然だけではない。クルーズや離島ツアー、ジェットスキー、ヘリコプター遊覧飛行、パラシュート体験などアトラクションが充実。レジャー観光地に必要なものはなんでもそろっている。

 加えて、"夜の娯楽"の充実っぷりにも驚かされた。ストリップと見まごうような、半裸の美女たちによるダンスショー、ポールダンス、外国人美女による雑技ショー、泡パーティーなどバラエティーに富んでいる。かつては高級カラオケやナイトクラブでの「飲む、買う」ばかりだったが、ショーやアトラクションの要素が高められている。

lee161123-3.jpg

 中国共産党は毎年、エロコンテンツ撲滅キャンペーンを展開するなど「儒教的なきまじめさ」で知られている。それにもかかわらず、限りなくストリップに近いダンスショーやポールダンスが合法というちぐはくな状況にある。大人の遊び、情のある街は社会にとって必要なもの。そうした夜の娯楽を認めていく過渡期に中国は差し掛かっているのだろう。

 ただし、海南省以外での規制はもっと厳しい。なぜならば、海南省は世界的なリゾートを目指す「国際旅行島」計画を推進しているという裏事情があるからだ。夜の娯楽だけではない。エロと並んで御法度のカジノまでもが解禁に向けた議論が進められている。

 日本でもカジノ解禁は政策課題だが、拒否反応を示す人が強くなかなか前進できないのが現状だ。だがアジアに目を向ければ、外国人をターゲットとした統合型リゾート(IR)の建設がトレンドとなっている。マカオ、シンガポール、韓国が先行しているが、ひとたびカジノが解禁されれば海南省が猛烈な追い上げを見せることは間違いない。乗り遅れることがないよう、日本政界もいち早く議論を進めてほしい。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

英政府の離脱協定案、議会通過見込めない=スコットラ

ビジネス

貿易収支が2カ月ぶり赤字、原油高響く 輸出プラス転

ワールド

サウジ記者殺害テープ、トランプ米大統領「聞きたくな

ビジネス

焦点:世界株安で蘇る「バリュー株」人気、成長株は後

MAGAZINE

特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

2018-11・27号(11/20発売)

無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

人気ランキング

  • 1

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 2

    ゴーンの何が悪いのか?

  • 3

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高官の手口と国連の闇

  • 4

    APEC執務室に乱入した中国代表──国際スタンダードな…

  • 5

    日本の潜水艦「おうりゅう」が世界に先駆けリチウム…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    獲物の頭部を収集するコレクター・アントの謎

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 9

    ゴーンの何が悪いのか?

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 8

    人肉食が予防した不治の病

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!