コラム

「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被害者、それとも現代のマリー・アントワネットか

2020年01月23日(木)13時30分
「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被害者、それとも現代のマリー・アントワネットか

ロンドンのカナダ高等弁務官事務所(カナダ・ハウス)を出るメーガン妃(2020年1月7日)  Daniel Leal-Olivas/Pool via REUTERS

[ロンドン発]イギリスが欧州連合(EU)を離脱するより早く、英王室の称号と公務を放棄して王室を離脱してしまったヘンリー王子(35)と妻の元米女優メーガン妃(38)。2人は王室の桎梏を逃れて、春には晴れて民間人になるというのだが......。

メーガン妃は友人に「彼の魂は私と同じように壊されている。彼が苦しむのを見るのはもう耐えられない。王族を辞めたことは彼にとって素晴らしいことよ。それを可能にしたのが私の愛。彼の人生はこれから花開く」と話していると英大衆紙デーリー・メールが報じている。

しかし「妻のために下したこの決定に至ったのはこれ以上ない悲しみ。退くというのは軽い決断ではなかった」「本当に他の選択肢はなかった」とヘンリー王子が漏らした苦しい胸の内とメーガン妃の感じ方は天と地ほども開いている。

パートタイムの王族としてイギリスとカナダの二重生活を送り、自由に「サセックスロイヤル」のブランドを展開、自己資金を調達するのが、2人が英王室に突き付けた要求だった。しかしエリザベス女王が下したのは、2人を丸裸同然にして放り出すという厳しい答えだった。

高額の身辺警護費に厳しい視線

2人はロンドン郊外のフロッグモア・コテージの改修費240万ポンド(約3億4600万円)を返済、今後は月に賃貸料3万ポンド(約433万円)を支払う。父親のチャールズ皇太子領からの利益配分の230万ポンド(約3億3200万円)も1年限りとされ、年に60万ポンド(約8700万円)もかかる身辺警護費にも厳しい目が注がれている。

メーガン妃が長男アーチーちゃんを胸に抱き、愛犬2匹を連れてバンクーバーの豪邸周辺を散歩しているところを英メディアが隠し撮りして公開したことに対し、2人はプライバシー侵害として法的措置を取る構えを見せた。

しかし写真にはイギリスとカナダの警護官が写っていたことからバンクーバーの地元議員が「彼らの身辺警護費をカナダの納税者に付け回すな」と訴え、血税を使った身辺警護に反対する8万人以上の署名が集まっている。これが2人に対する庶民の率直な反応だ。

ヘンリー王子とメーガン妃、アーチーちゃん一家が大西洋を越えてカナダに逃げ出したのはメーガン妃がアフリカ系の血を引くことが原因だったのか。英王室に詳しい歴史家で、英レディング大学のケイト・ウィリアムズ教授はこうツイートしている。

「メーガンに対する人種差別ほど明白なものはない。人種差別的で性差別的な言葉と態度が彼女に向けられてきたのは明らかだ。結婚から2年未満で、良いことをしようとする意思を持ち、懸命に取り組んできた女性が(王室から)追い払われた」

「人々は私にハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガンが本当に問題なのと尋ねる。その通りよ。有色の女性が王室に嫁ぎ、2年もしないうちに追い出された。王室に関するだけでなく、イギリスと支配階層の中にある人種差別と女性蔑視に関する問題でもあるのよ」

<参考記事>英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心
<参考記事>「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!