コラム

ヘンリー王子婚約、イギリス一般男性の本音は

2017年12月22日(金)16時00分
ヘンリー王子婚約、イギリス一般男性の本音は

ウィリアムとヘンリーは「一緒にビールを飲みたい」2人 Neil Hall-REUTERS

<多くのイギリス人にとってヘンリー王子婚約のニュースは、公人というより、親しみを感じて幸せを願うような人の結婚話>

概して僕は英王室支持者で、その理由の1つはイギリス王室メンバーが強い義務感を持っているように感じられることだ。エリザベス女王はその紛れもない例であり、91歳にしていまだに君主を務めているのだが、若手の王室メンバーも立派な働きをしている。

ウィリアム王子は今年まで救急ヘリコプター操縦士を続けてきた。退職したくはなかったようだが、女王の年齢からいって彼(とチャールズ皇太子)が女王の公務を今まで以上に引き受けるべきだと判断した。明らかなことだが、ウィリアムはカネを稼ぐために操縦士の仕事をする必要はない。

ヘンリー王子はイギリス陸軍に務め、アフガニスタンにも2回派遣された。1度目の時はメディアに任地が明かされてしまったことで、任務切り上げを余儀なくされた。ヘンリーはタリバンの標的にされる恐れがあり、帰国せざるをえなかったのだ。彼は帰りたくなかったらしい。帰国する理由は、自分がとどまれば彼の部隊、つまり仲間の兵士たちが危険にさらされる恐れがあるからだった。

戦闘地帯で従軍した経験から、ヘンリーは傷病兵らのための国際スポーツ大会「インビクタス・ゲーム」創設に関わることになった。戦場で重い傷を負った多くの兵士たちが、この大会によって目的意識やプライドを持つことができたと語っている。

ウィリアムとヘンリー、それにキャサリン妃は摂食障害や鬱病と言ったメンタルヘルスの問題でも、とても積極的に活動している。こうした問題は今も「難しい」ものであり、声を上げにくい話題だとされている。彼ら王室メンバーは、自身の心の問題を語ってメンタルヘルスに付きまとう恥の意識を取り払うことに助力し、タブーを破る役目を果たした。

だから僕は、彼らが価値あることをするために自分の立場をうまく利用するのは、もっともなことだと思う。

神秘性は損なわず壁を打ち破った

ウィリアムとヘンリーについて言えるもう1つのことは、彼らが僕の呼ぶところの「ビールテスト」にパスしていることだ。つまり、平均的な道行くイギリス人の大半が、彼らとなら一緒にビールを飲みたいと思う、ということだ。それは、光栄だからというより、彼らと飲んだら楽しそうだからだろう。彼らは話せる人々だろうし、よく笑いそうだし、2人で仲のいい様子を見せたりからかい合ったりしそうだ(友人をからかったりそれを大目にみたりできることは、イギリス人男性にとって欠かせない能力だ)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!