コラム

ヘンリー王子婚約、イギリス一般男性の本音は

2017年12月22日(金)16時00分
ヘンリー王子婚約、イギリス一般男性の本音は

ウィリアムとヘンリーは「一緒にビールを飲みたい」2人 Neil Hall-REUTERS

<多くのイギリス人にとってヘンリー王子婚約のニュースは、公人というより、親しみを感じて幸せを願うような人の結婚話>

概して僕は英王室支持者で、その理由の1つはイギリス王室メンバーが強い義務感を持っているように感じられることだ。エリザベス女王はその紛れもない例であり、91歳にしていまだに君主を務めているのだが、若手の王室メンバーも立派な働きをしている。

ウィリアム王子は今年まで救急ヘリコプター操縦士を続けてきた。退職したくはなかったようだが、女王の年齢からいって彼(とチャールズ皇太子)が女王の公務を今まで以上に引き受けるべきだと判断した。明らかなことだが、ウィリアムはカネを稼ぐために操縦士の仕事をする必要はない。

ヘンリー王子はイギリス陸軍に務め、アフガニスタンにも2回派遣された。1度目の時はメディアに任地が明かされてしまったことで、任務切り上げを余儀なくされた。ヘンリーはタリバンの標的にされる恐れがあり、帰国せざるをえなかったのだ。彼は帰りたくなかったらしい。帰国する理由は、自分がとどまれば彼の部隊、つまり仲間の兵士たちが危険にさらされる恐れがあるからだった。

戦闘地帯で従軍した経験から、ヘンリーは傷病兵らのための国際スポーツ大会「インビクタス・ゲーム」創設に関わることになった。戦場で重い傷を負った多くの兵士たちが、この大会によって目的意識やプライドを持つことができたと語っている。

ウィリアムとヘンリー、それにキャサリン妃は摂食障害や鬱病と言ったメンタルヘルスの問題でも、とても積極的に活動している。こうした問題は今も「難しい」ものであり、声を上げにくい話題だとされている。彼ら王室メンバーは、自身の心の問題を語ってメンタルヘルスに付きまとう恥の意識を取り払うことに助力し、タブーを破る役目を果たした。

だから僕は、彼らが価値あることをするために自分の立場をうまく利用するのは、もっともなことだと思う。

神秘性は損なわず壁を打ち破った

ウィリアムとヘンリーについて言えるもう1つのことは、彼らが僕の呼ぶところの「ビールテスト」にパスしていることだ。つまり、平均的な道行くイギリス人の大半が、彼らとなら一緒にビールを飲みたいと思う、ということだ。それは、光栄だからというより、彼らと飲んだら楽しそうだからだろう。彼らは話せる人々だろうし、よく笑いそうだし、2人で仲のいい様子を見せたりからかい合ったりしそうだ(友人をからかったりそれを大目にみたりできることは、イギリス人男性にとって欠かせない能力だ)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

アングル:輝き失った人民元売り持ち、ヘッジファンド

ワールド

焦点:トランプ貿易戦争、米中西部に生む「勝ち組と負

ビジネス

アングル:指標に見るトルコ金融市場の「惨状」

ワールド

米国が対中追加関税発動させる確率60%=ゴールドマ

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 5

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 6

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 7

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!