コラム

福島県沖地震後にもっとも拡散した外国人関連ツイートは、ヘイトではなく安全情報だった

2021年03月02日(火)18時00分

翌朝から再び増加し、地震直後以上のツイート数になったが、その多くは差別やヘイトに対する批判だった。(一田和樹作成)

<2月13日23時の福島県沖で最大震度6強の地震で、毎日新聞は、デマや差別発言が「桁違いの拡散」をしたと報じたが、ほんとうにそうだったのだろうか。ツイッターのデータを取得する方法で調べてみた......>

2021年2月13日23時09分に福島県沖で最大震度6強の地震が発生した後の、地震と外国人(韓国人、中国人)に関するツイートの統計を取ってみた。毎日新聞は、デマや差別発言が「桁違いの拡散」をしたと報じたが、ほんとうにそうだったのだろうか?

もっとも多かったのは、ヘイトではなく外国人のための安全情報だった

以前、ご紹介したツイッターのデータを取得する方法を用いて、検索条件に該当するツイートを取得し、集計した結果、下記のことがわかった。地震後と書いている場合は、特に断りのない限り、2021年2月13日23時09分から2月14日12時09分の間にツイートされたものを対象にしている。データ取得と集計の詳細はブログを参照いただきたい。

・地震後、地震と外国人にまつわるツイートは49,300件確認され、リツイート率は93.58%(46,136件)と高く、たったひとつのツイートがツイート全体の63.06%に拡散されていた。RT占有率は99.99%以上と非常に高い。RT占有率とは全体の50%を占めるリツイートの元のツイートの%を50%から引いて2倍した数であり、高いほど少数のリツイートでツイートを占有されていることになる。

・全体の63.06%に拡散されたツイートは、大規模な地震の発災時・避難時の注意点等に関するもので外国語版の存在を紹介するものだった。リツイートの上位81.5%(リツイート回数37,601回)は4つのツイートで占められており、上位3つの内容は外国人向けの安全情報の提供に関するものだった(差別やヘイトを含まない)。具体的には外国語で読める災害の際に役立つ冊子(PDF)やNHKの外国語での情報提供に関するものだ。4位は震災の際の差別やヘイトをやめよう、見かけたら通報しようという呼びかけだった。

・「千葉で爆発」に関するツイート(「千葉 AND 爆発」で検索して取得した)は14,000件あり、たったひとつのツイートが8,415回拡散され、ツイート全体の50%を超えていた。RT占有率は99%を超える。内容は、千葉市原方面が爆発しているという言葉と画像を含むもので、デマを意図した煽り文句はなく、単に驚いてツイートしたような内容だった。

・地震と外国人と「千葉 AND 爆発」にまつわるツイートは、地震直後に大きく拡散し、収束した。

・地震直後にヘイト、差別的な内容を含むツイートが現れたが、通報され、アカウント凍結あるいはツイート削除された。ほとんどはあまり拡散力のない(フォロワーの数が少ない)ものだったと推定されるが、例外的に1万4千を超えるフォロワーを持つアカウントがあった。すぐに凍結されたため、その後の拡散にはいたらなかった。凍結されたことが話題になり、アカウント名がトレンド入りしたことを考えると、そのまま凍結されなければより拡散していた可能性がある。

・熊本地震の先行研究(後述)と比較すると、今回は外国人のための安全情報提供の広がりなど、状況は改善されたように考えられる。

・「井戸に毒をまいた」という類いのツイート(「井戸 AND 毒」で検索)関する発言はいったん鎮静化した後、翌朝から再び増加し、地震直後以上のツイート数になった。その多くは差別やヘイトに対する批判だった。

毎日新聞は「地震でまたも飛び交ったデマや差別発言 桁違いの拡散、どう対処?」と報道したが、今回は差別ツイートの桁違いの拡散はなかったと考えられる。

鳥海不二夫の「2021年福島県沖地震でデマは桁違いに拡散したのか」(ヤフーニュース、2021年2月17日)でも、差別やヘイトツイートは多くなかったことと、人工地震についてはそれなりにツイートがあったものの「桁違い」ではないことが確認されている。

地震直後から翌日昼までのツイート拡散状況

地震と外国人(中国人、韓国人)、「千葉 AND 爆発」の時系列変化をグラフにしたものは下図のようになる。増減が激しいので対数目盛にしてある。千葉爆発グラフについては、拡散と減少が急激に起きたことがわかるように通常の目盛りのものも付した。

地震と外国人(中国人、韓国人)グラフの「問題」は差別やヘイトなどの問題を含んだツイートである。「それ以外」は文字通りそれ以外であるが、ほとんどは外国人向けの情報提供だった。千葉爆発グラフの拡散というのは、爆発が起きていることを拡散しているツイートの数で、抑止はそうではないことを指摘しているツイートの数である。

ichida0302a.jpg

ichida0302b.jpg

ichida0302c.jpg

ichida0302d.jpg


井戸と毒に関するツイートは、その数において地震と外国人(中国人、韓国人)や「千葉 AND 爆発」よりもかなり少ない。そして、しばらく時間が経ってから発言数が増加している。ただし、常に「抑止」のツイート数の方が多い状態が続いていた。直後に莫大な数が発生し、すぐに削除あるいは凍結された可能性もあり得るが、筆者は地震後の午前2時、4時、そしてそれ以降数回データを取得し、確認を行ったが、差別的ツイートが桁違いにあった痕跡は発見できなかった。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ビジネス

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大

ビジネス

独ZEW景気期待指数、4月は70.7 封鎖懸念で予

ワールド

米国は台湾巡る「火遊び」やめよ、中国外務省が米指針

ワールド

ロが米軍艦派遣に警告、クリミアから離れているのが「

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 2

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 3

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが......

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 6

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 7

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 8

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 9

    日本の対ミャンマー政策はどこで間違ったのか 世界…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中