コラム

保守党敗北 よりいっそう不透明化するイギリス政治

2017年06月12日(月)17時28分
保守党敗北 よりいっそう不透明化するイギリス政治

メイ首相は自らの力で党内を説得する努力を放棄して賭けに出たが Toby Melville-REUTERS

<サッチャーやブレアと異なり、党内説得から逃げたメイ首相の危険な賭けだったが、英保守党は6月8日の総選挙で見事に失敗した。これから、EU離脱交渉に影響するだけでなく、北アイルランド和平問題などが再浮上する可能性もある>

6月8日に実施されたイギリス総選挙の結果は、多くの者に驚きを与えることになった。メイ首相は、政権基盤を固める賭けに出て、見事に失敗をした。そして当初の予想よりもその敗北は、はるかに大きなものとなった。それまで下院で過半数を超える議席を確保していた保守党は、その賭けの失敗の代償として過半数を失ってしまったのだ。

【参考記事】英総選挙で大激震、保守党の過半数割れを招いたメイの誤算

テリーザ・メイ首相が4月18日に総選挙実施を発表した直後は、最大24ポイント差と、世論調査の政党支持率で保守党は労働党を大きくリードしていた。それゆえ当初は、メイ首相とその周辺は楽観ムードに包まれていた。

2015年の総選挙で勝利を収めた帰結として保守党は、650議席ある下院の議席のうち330議席を確保しており、過半数を4議席超える勢力を誇っていた。この度の解散総選挙ではそのような優勢を背景に、世論調査の数値を精緻に検討した結果として、過半数を100議席ほど超える上積みが可能だと見込まれ、地滑り的な大勝となることが予想されていた。

それによってメイ首相は、政権基盤を強化して、EUとの交渉をより強固な基盤と有利な条件で行うことができると企んでいたのだ。「強硬離脱(ハード・ブレグジット)」か「穏健離脱(ソフト・ブレグジット)」か、EU離脱の方法をめぐる党内の亀裂を乗り越えて、総選挙での圧勝を通じて自らに対する国民の信託を確保しようと試みたメイ首相は、結果としてその反対の困難な状況をもたらしてしまった。

メイ首相が解散総選挙を決断する時点での労働党は、党内の最左翼であるジェレミー・コービン党首の指導力に対する根強い反発が党内にあり、混乱する党内情勢を見ればとても総選挙の準備ができる状況ではなかった。首相に相応しい人物に関する世論調査においても、コービン党首はメイ首相から大きく突き放されており、国民の支持を得られていない状況であった。

それゆえ、多くの者が6月8日の総選挙での保守党の大勝と、労働党の大敗を予期していたのである。実際に総選挙直前の世論調査でも、保守党の圧勝と、大幅な議席の上積みを予想する報道が少なくなかった。

【参考記事】驚愕の英総選挙、その結果を取り急ぎ考察する

する必要がない解散総選挙と、側近のみで作成したマニフェスト

他方で、ここ最近のイギリス政治は混迷と不透明性に満ちあふれていた。そのような単純で直線的な選挙予測を拒絶するような、不確実性や予測不可能性が存在していたのだ。

2015年の総選挙では、いかなる政党も過半数を超えることなく「宙づり国会(ハングパーラメント)」になるという事前の世論調査の予測を裏切って、保守党が単独過半数を確保することに成功した。保守党は自由民主党との連立を解消して、1997年以来18年ぶりとなる保守党単独政権成立を実現させた。ここで世論調査が大きく外れたのだ。

プロフィール

細谷雄一

慶應義塾大学法学部教授。
1971年生まれ。博士(法学)。専門は国際政治学、イギリス外交史、現代日本外交。世界平和研究所上席研究員、東京財団上席研究員を兼任。安倍晋三政権において、「安全保障と防衛力に関する懇談会」委員、および「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」委員。国家安全保障局顧問。主著に、『戦後国際秩序とイギリス外交』(創文社、サントリー学芸賞)、『外交による平和』(有斐閣、櫻田会政治研究奨励賞)、『倫理的な戦争』(慶應義塾大学出版会、読売・吉野作造賞)、『国際秩序』(中公新書)、『歴史認識とは何か』(新潮選書)など。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 5

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 6

    レーダー照射問題が暗示する「日米韓同盟」の未来

  • 7

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!