ニュース速報

ワールド

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSとの比較

2020年01月25日(土)11時18分

1月23日、中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。写真は武漢の空港で、航空便のキャンセル情報を確認する男性(2020年 ロイター/cnsphoto)

[23日 ロイター] - 中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。足元までの航空業界による対応状況や、2003年に800人近くが死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比較して業界が受ける可能性がある金銭的な被害をまとめた。

<予想される航空業界への金銭的被害>

最大の懸念は、新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に流行した場合に予想される旅行需要の急激な落ち込みだ。SARSが最も深刻化した03年4月には、国際航空運送協会(IATA)によるとアジアで航空機利用需要が45%減少した。キャセイパシフィック航空が40%近くの便を欠航して赤字を計上したほか、シンガポール航空、日本航空(JAL)<9201.T>、全日本空輸(ANA)<9202.T>なども同様の事態に陥った。

そして航空業界は足元で、中国旅行客への依存が高まっている。

例えばオーストラリアでは、国際便での中国人搭乗客の比率は03年時点の4%から15%強に上がったことが、ムーディーズのデータで分かる。これらの搭乗客のほとんどは中国本土の航空会社を利用してオーストラリアに到着した後、オーストラリアの航空会社機に乗り換えて各地に向かうので、中国の旅行需要が減少すればカンタス航空などにたちまち影響する。

03年以降で年間の旅客便利用者数は2倍以上に増加しているが、なかでも中国から海外への渡航増大で、中国が海外旅行で世界最大の市場になっている。中国当局のデータに基づくと、03年に中国から国際便を使って旅行した人は680万人だったが、18年は6370万人と10倍近い。

IATAによると、世界の航空会社の総収入も03年の3220億ドルから19年には8380億ドルと、2倍を超える増加となった。

シンガポールの独立系航空アナリスト、ブレンダン・ソビー氏は「(新型肺炎の影響が)副次的な一つの市場だけに収まるのか、あるいはどこかの国全部、またはもっと広い地域に影響を及ぼすかどうか予想できないのは間違いないし、業界のコントロールの範囲外だ」と述べた。

<最も影響が見込まれる航空会社>

大韓航空<003490.KS>、シンガポール航空傘下の格安航空会社スクート、台湾の中華航空<2610.TW>、ANAなど多くの航空会社は、武漢市当局が武漢を出発する航空便や列車の停止を宣言した後、同市離陸便だけでなく、到着便の運航停止も発表した。また韓国の格安航空会社ティーウェイ航空<091810.KS>は、武漢市への新路線就航予定を延期した。

航空便の動きを追跡しているサイト「フライトレーダー24」を23日0600GMT現在確認すると、武漢から同日離陸予定だった便の60%に当たる184便が欠航した。

中国の民間航空路線のうち武漢天河空港に離発着するのは約2%で、国内便が主体。ジェフリーズは、同空港は全体の88.8%が国内便とみている。中国南方航空<600029.SS>のシェアが30%と最大だ。

<中国旅行のキャンセル状況>

韓国旅行代理店最大手ハナツアー<039130.KS>は、今週に入って中国旅行のキャンセルが前年同期比でおよそ20%増えたと明らかにした。この数字には延期や目的地変更も含まれるという。

トーマス・クックのインド法人幹部のラジーブ・ケール氏は、一部の顧客が中国旅行について懸念を高めていると明かし、「大半の顧客は今後の推移を静観する態勢を取っている」と述べた。

フィリピン航空、ガルーダ航空、JALは、まだ中国発と中国着の便の予約は鈍っていないと述べた。フィリピンの格安航空会社セブパシフィック航空は、一部の搭乗客が中国に向かうのは安全かどうか不安を示したとしながらも、予約はキャンセルされていないとしている。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!