ニュース速報

ワールド

米、対北朝鮮交渉「柔軟に対応する用意」 国連安保理会合で表明

2019年12月12日(木)09時16分

米国のケリー・クラフト国連大使は11日、米国は北朝鮮との核・ミサイル放棄を巡る交渉に「柔軟に対応する用意」があるという考えを示した。同時に北朝鮮は挑発行為をやめる必要があるとも警告した。韓国・坡州市で9月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[国連 11日 ロイター] - 米国のケリー・クラフト国連大使は、北朝鮮の核・ミサイル問題を巡り11日に開催された国連安全保障理事会の会合で、米国は北朝鮮の核・ミサイル放棄に向けた交渉に「柔軟に対応する用意」があると表明した。ただ同時に、国連は北朝鮮の挑発行為に備える必要があると呼び掛けた。

11日の会合は、米朝の非核化協議が頓挫し、北朝鮮の核・ミサイル実験再開の可能性が懸念される中、米国の要請で開催された。

クラフト大使は「この問題への対応で柔軟になる用意がある。われわれは、あらゆる当事国の懸念に対処するバランスの取れた合意の必要性を認識している」と語った。

その上で、北朝鮮も米国と協力するため「困難だが大胆な決断」が必要だと指摘した。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、非核化を巡る対米交渉の期限を年末に設定し、米国に柔軟性を示すよう求めている。

ただ北朝鮮の金星国連大使は7日、非核化は米国との交渉のテーブルから外れたとし、米国との長期にわたる協議は必要ないとの認識を示した。

同国は8日には東倉里の西海衛星発射場で「非常に重要な」実験に成功したと発表。これに対し、トランプ米大統領は、敵対的な行為を再開すれば金委員長は「すべて」を失う恐れがあると警告し、非核化の必要性を強調した。

クラフト大使は11日、北朝鮮がほのめかしている「深刻な挑発行為」を再開した場合、国連安保理は「それに応じて行動」する用意が必要だと発言。「実際問題として、北朝鮮は長距離弾道ミサイル技術を利用して飛翔体を発射する可能性があるほか、核兵器で米国本土を攻撃するよう設計された大陸間弾道ミサイルの発射実験を行う可能性もある」と述べた。安保理が取り得る行動について詳細には触れなかった。

中国の張軍・国連大使は、米朝協議の支援と事態の「劇的な反転の阻止」に向け、安保理は北朝鮮制裁の緩和が「不可欠」だと強調した。

ロシアのネベンジャ国連大使は、北朝鮮の核・ミサイル開発を「容認できない」とした上で、北朝鮮が「将来の利益を約束される代わりにすべての条件に明確に合意するよう」求められている状況では協議は進展しないと指摘。段階的な規制解除に向けた行程表が必要との認識を示した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!