ニュース速報

ビジネス

日銀人事、来週か再来週にも提示されるだろう=大塚・民進党代表

2018年02月14日(水)17時04分

 2月14日、大塚耕平・民進党代表は、外国特派員協会での会見で、3月と4月に相次いで任期満了を迎える日銀総裁と2人の副総裁の人事案は、来週か再来週にも政府から提示されるとの見通しを示した。写真は都内で2016年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 大塚耕平・民進党代表は14日、外国特派員協会での会見で、3月と4月に相次いで任期満了を迎える日銀総裁と2人の副総裁の人事案は、来週か再来週にも政府から提示されるとの見通しを示した。

大塚氏は、野党が要求している佐川宣寿国税庁長官の国会招致について、国民の関心、怒りが高まらなければ実現することは難しいとし「野党としてできることは、この理不尽さを国会の内外で訴え続けることしかない」と述べた。

この問題が、国会での日銀総裁の同意人事の日程を遅らせる可能性について「直接はリンクしないと思う」としたうえで「日銀人事は、来週か再来週にも政府の案が示されると思う」と述べた。

今後、金融政策の出口戦略を考えた場合、中央銀行の独立性と、選挙で選ばれた政治家の意見のどちらを重要視するか、との質問に対し「両方大切にしなければならない」と述べ「出口戦略について議論する時は、理論的裏付けのある定量的な根拠のある議論に努めるべきだ」と主張した。

黒田東彦日銀総裁が、過去5年間にわたって2%のインフレ実現のため、マネタリーベースを大幅に増やしてきたことに理論的裏付けはなかったと批判し「黒田総裁のチャレンジ精神は評価したいが、ポリシーではなく、アドベンチャーだ」と述べた。

*内容を追加しました。

(宮崎亜巳 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!