最新記事

動物

イヌ特有の能力と思われていた「取ってこい」遊び、オオカミの子もできた

2020年1月29日(水)17時30分
秋山文野

「取ってこい」遊びの能力は、イヌの先祖であるオオカミにはないと考えられていた rogertrentham-iStock

<投げられたボールを追いかけ、くわえて持って帰ってくる遊び、オオカミでも同様のことができるのか......>

イヌは餌がもらえなくてもヒトとのコミュニケーションに沿って行動できる

投げられたボールを追いかけ、くわえて持って帰ってくる「取ってこい」遊びがイヌは大好きだ。「フェッチ」といわれるこの能力は、オオカミがヒトに飼いならされてイヌになってから生まれたもので、先祖であるオオカミにはないと考えられていた。

投げられたものを追いかける、という部分は狩りに見立てた遊びのひとつだが、投げられたものをヒトのところまで持ち帰るには、ヒトが発した指示を理解し、実行する社会的コミュニケーションの能力が必要になる。

ごほうびの餌をもらえる場合には、ヒトの発した指示通りに行動できる動物もいる。しかし、事前に訓練を受けている上に、よく見知ったヒトから指示を出される、などいくつかの条件がある。イヌは餌がもらえなくてもヒトとのコミュニケーションに沿って行動することができる。

オオカミでも同様のことができるのかという課題に、ストックホルム大学の行動生物学者、クリスティーナ・ハンセン・ウィート氏らが取り組んだ。研究成果は米科学出版社セル・プレスが発行するオープン・アクセス・ジャーナル「iScience」に発表された。

13匹のオオカミの子のうち、3匹がボールを取ってきた

ウィート氏らは、オオカミがヒトの発した社会的キュー(意志や感情を示す手がかり)を理解する能力を持っているのか研究するため、3年にわたって欧州の野生動物公園から連れてきたハイイロオオカミの子を13匹育てた。3時間おきに授乳し、寝袋で一緒に眠ってオオカミとヒトとの間に関係性を築いた。(オオカミの飼育と実験方法は、すべてスウェーデンの法律を遵守し、ウプサラ大学の倫理委員会から承認を得ているという)。

オオカミの子が自発的に行動したのかどうかを確かめるため、事前に取ってこいを訓練したわけではなく、また実験では普段は接していない見ず知らずの人物から取ってこいの指示を出すようにした。

13匹のオオカミの子には、世界のミュージシャンから名をとって「オジー」「ビョーク」「ヘンドリックス」といった名前がつけられた。取ってこい能力の試験は、生後8週の段階で行われた。オオカミの子たちにとっては見ず知らずの人物である試験担当者がテニスボールを投げ、くわえて戻ってくるよう呼びかける。オオカミの子の行動は、「ボールに興味を示さない(スコア1)」から「試験担当者の呼びかけに反応してボールを持ってくる(スコア5)」まで5段階で評価された。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

物価巡り企業行動はかなりアクティブ、注目している=

ワールド

米ロ外相、ウクライナ問題を協議 「今日の解決見込ま

ビジネス

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況

ワールド

NZ軍艦、トンガに到着 水など支援

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月