Newsweekとは

よくある質問

定期購読について

ニューズウィーク日本版をご自宅やオフィスへ直接お届けする「定期購読」をご利用下さい。重大ニュースや最新の話題を読み逃す心配がないうえに、お得な割引価格でご購読いただけます。詳しい説明とお申し込みはこちらをご覧下さい。
定期購読の更新は、ご購読期間満了前にご案内します。その際に購読中止のご連絡のない場合は送本を継続します。
FAX、送信フォームでご連絡いただく場合、必ず下記の項目をご記入ください。
(送信フォームはこちら
  • お申し込み者氏名/フリガナ
  • 定期購読者番号 ( 送本時の封筒に記載されているお名前の右横にある11桁の番号です)
  • ご住所(住所変更の場合は、旧住所および新住所)
  • 連絡先(昼間連絡のとれるお電話番号)
ご連絡先
TEL:0120-467-489 (月〜金曜日の9:30〜17:30)
FAX:0120-894-009
住所変更の方はこちらから。
「CCCメディアハウス 読者サービスセンター」までお問い合わせください。
フリーダイヤルTEL:0120-467-489(月〜金曜日の9:30〜17:30)

上記時間外にお問い合わせをいただく場合は「ヤマト運輸サービスセンター」までお問い合わせください。
フリーダイヤル TEL:0120-11-8010(年中無休 9:30〜21:00)
お問い合わせの際には「出荷元 ヤマト運輸営業所番号033-770」をお伝えください。

送信フォームでお問い合わせいただく場合は、必ず下記の項目をご記入ください。
  • お申し込み者氏名/フリガナ
  • 定期購読者番号
    ( 送本時の封筒に記載されているお名前の右横にある11桁の番号です)
  • ご住所・連絡先(昼間連絡のとれるお電話番号)
(送信フォームはこちら
※なお、お問い合わせへのオペレータ対応時間は、月〜金曜日の9:30〜17:30です。
お近くの書店にてご注文下さい。
バックナンバー(過去6カ月分)と別冊在庫があります。売り切れの場合はご容赦下さい。
在庫のお問い合わせ TEL:03-5436-5721
ニューズウィーク日本版をファイリングする専用バインダーのご利用をおすすめします。
バインダー3冊で、1年分をファイリングできます。

価格:2,750円[本体価格2,619円]/3冊1セット(分売はできません)

(1)お近くの書店にてご注文下さい。
(2)宅配システム「ブックサービス」もご利用いただけます。
  • お申し込みから4〜7日前後でお届けいたします。
  • 商品代金と手数料はお届けの際にお支払い下さい。
  • 宅配システムのお申し込みは
    TEL:0120-29-9625 FAX:0120-299-635
■[Digital版]
海外居住者、海外出張者にとても便利!
水曜0時、いちばん早く読めるのも[Digital版]の価値です。専用リーダー不要。
Macにも対応。
http://newsweekjapan.jp/digital

日本以外に居住されている方でニューズウィーク日本版のご購読を希望される方は下記の代理店に直接お問い合わせ願います。

■株式会社OCS
www.ocs.co.jp
※リンク先の[輸出購読]のコーナーをご覧ください。
〒108-8701 東京都港区芝浦2-9-13
TEL:03-5476-8131 FAX:03-3453-8091

■YBM/mbu(韓国/Seoul)
TEL:82-2-2115-8882 FAX:82-2-2115-8877
本誌「レターズ」欄では、読者の皆様からの投稿を募集しております。記事に対するご意見、ご感想をこちらまで。
日本版は英語版(デジタル)をそのまま翻訳したものではありません。英語版のほかに日本版編集部が特約する海外ニュースサイトからピックアップした記事、さらに日本版編集部が独自に作成した記事で編集しています。

デジタル版の定期購読について

下記にご連絡ください。
読者サービスセンター
TEL:0120-467-489(月〜金曜日の9:30〜17:30)
送信フォームからのお問い合わせはこちらまで
Fujisan.co.jpをご利用ください。また、単号の場合はMagastoreでもご利用いただけます。Apple Newsstandのサービスは、iPhoneまたはiPad専用です(パソコン不可)。
「本棚」で該当雑誌の表紙をクリックし(削除してしまった場合は再ダウンロード)、表紙をめくっていきます。購入ができている場合は最後まで読むことができますが、そうでない場合は、途中購入を促す画面が出てきます。
Apple Newsstandの仕組みにより、解除はできません。Apple Newsstandは自動更新されますので、自動更新の解除方法を各自でご確認されることをおすすめします。

●定期購読の解約方法はアップルのこちらのページでご確認ください。

*iOS端末上から、ニューズウィーク日本版のアプリを削除しただけでは、購読の自動更新は解除されません。必ず定期購読の解約手続きを行ってください。

以下の方法をお試しください。
  1. アプリを削除
  2. 再度ダウンロード
  3. 最新号をクリックし、立ち読みができるかを確認
  4. 立ち読みができたら、「設定」 ⇒「購入履歴の復元」 ⇒「購入履歴の復元の開始」
以下の方法をお試しください。
  1. アイコンを長押し
  2. 「×」が現れるので、タップする
  3. 「削除しますか?」⇒削除を選択
以下の方法をお試しください。
  1. 再度ダウンロード
  2. 定期購読設定の「定期購読状況をリストア」を選択
以下の方法をお試しください。
  1. プッシュ通知を無効にするためには、
  2. 「設定」>「通知センター」>「ニューズウィーク日本版」をタップして、
  3. 無効にしたい通知方法をオフにする
以下の方法をお試しください。
  1. アプリを削除
  2. 再度ダウンロード
  3. 定期購読設定の「定期購読状況をリストア」を選択
週刊誌である雑誌(紙版)の校了後にデジタル版の製作に入るため、発売日の午後以降の配信になることがございます。ご理解いただけますと幸いです。

サイトの閲覧について

newsweekjapan.jpをご利用いただくにあたって、インターネットの接続料以外に特に閲覧のための料金は必要ありません。
newsweekjapan.jpの動画をご覧いただくためにはAdobe Flash Playerの7.0以降が必要です。ご使用されているパソコンの環境をご確認ください。
newsweekjapan.jpでは雑誌とサイトの最新情報をお知らせするメールマガジンを毎週火曜日に発行しております。ご登録されたい場合はこちらからお申し込みください。ご利用は無料です。
newsweekjapan.jpへのリンクはご自由にしていただいて結構です。ただし、リンクをしていただく際にはテキストからのリンクでお願いいたします。またフレーム内に組み込むような形ではなく、単独のページとして表示されるように設定してください。
newsweekjapan.jpに掲載されている写真、文章、動画などは運営会社であるCCCメディアハウス、もしくはそれ以外の企業、個人などが著作権を所有しており、無断でインターネットに転載したり、複製することはできません。詳しくは、ご利用規約ページの「著作権について」をご覧ください。
SSLとはインターネット上で情報をやりとりする際にデータを暗号化する技術で、プライバシーに関する情報などをWEBサーバに送る際に安全に送信することができます。newsweekjapan.jpでは各種お問い合わせやメールマガジンのご登録の際にSSLを使用することで安心してメールアドレスなどを登録していただいております。お使いのブラウザーソフトでSSLが有効に設定されているかどうかは、以下の方法でご確認ください。

【Windows版Internet Explorer】

  1. [ツール]メニューから、[インターネットオプション]を選択します。
  2. [詳細設定]を選択します。
  3. [セキュリティ]の[SSL2.0を使用する][SSL3.0を使用する]にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。

【Windows版FireFox】

  1. [ツール]メニューから、[オプション]を選択します。
  2. [詳細]をクリックします。
  3. [暗号化]タブを選択します。
  4. [SSL 3.0を使用する]、および[TLS 1.0を使用する]にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

【Macintosh版Safari】

特に設定の必要はありません。

【Macintosh版Firefox】

  1. メニューの[Firefox]をクリックし、[環境設定]を選択します。
  2. [詳細]をクリックします。
  3. [セキュリティ]タブを選択します。
  4. 「SSL 3.0を使用する」、および「TLS 1.0を使用する」にチェックを入れし、画面を閉じます。

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中