最新記事

動物

イヌ特有の能力と思われていた「取ってこい」遊び、オオカミの子もできた

2020年1月29日(水)17時30分
秋山文野

13匹のオオカミの子のうち、8匹はボールに興味を示さなかった。2匹は、ボールを追いかけて遊ぶ(スコア2)ことはしたものの、取ってくる行動はできなかった。

gr1_lrg.jpg

13匹のオオカミの子が3回取ってこい遊びをした結果。写真は、3回ともボールを取ってくる行動ができた「スティング」と名付けられたオオカミ。 Photo credit: Christina Hansen Wheat.


取ってこい試験は1匹につき3回行われ、能力を発揮したのは「エルビス」「レミー」「スティング」という3匹のオオカミの子だった。このうちエルビスとレミーは3回のうち2回、ボールを取ってくることができた。そして満点の成績を収めたのはスティングだ。スティングの試験動画には、試験担当者がボールを見せて誘って見せると関心を示し、ボールを軽く放り投げると走っていってしっかりとくわえている。そして、口から離したりしてすこし遊ぶと、試験担当者のところまでボールをくわえたまま走り寄っていく。

オオカミにもイヌと同じ認知能力が潜んでいるのか?

これまで、ヒトの社会的キューを理解して行動する能力は、オオカミが飼いならされてイヌになった後に獲得されたものだと考えられていた。しかし何も訓練を受けていないオオカミの子が同じ能力を発揮できたのであれば、もともとそういう能力を持ったオオカミがヒトに飼われてイヌになっていった可能性を示す。

オオカミの子による取ってこい行動の報告は、初めて計画されたプロセスの元で実験が行われた例で、まだ3匹しかいない。イヌ科動物の認知能力を研究するアリゾナ大学のエヴァン・マクレーン教授は、オオカミの子の行動が、イヌの取ってこいと本当に同じであるのか、まだ確実ではないと指摘する。スティングがボールをくわえて戻る前に「道草」する部分もあるためだ。

とはいえ、オオカミにもイヌと同じ認知能力が潜んでいるとすれば、「イヌになれる」能力を持ったオオカミが過去にいて、ヒトと出会ってパートナーになる道を歩んだというロマンティックな想像もしたくなる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7財務相、150億ユーロのウクライナ支援を計画 

ビジネス

米利上げ、前倒し後に慎重ペース移行を=シカゴ連銀総

ビジネス

ECBの政策正常化、持続可能性備える必要=ポルトガ

ワールド

ベネズエラ大統領、野党と対話再開へ 米の制裁緩和受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月