コラム

日米のコロナ対策に共通する「リスコミ」の問題点

2021年05月06日(木)13時30分

ですが、今回の新型コロナのような大規模なパンデミックの場合は、経済や社会への打撃が大きいわけで、感染症の専門家の提言を100%反映することは、経済的、社会的に不可能である場合があります。そうなると、ファウチ博士や尾身博士の場合は、そうした経済や社会の観点から「敵視」されてしまうことになります。

これは理不尽です。またファウチ博士も尾身博士も、そうした経済や社会の要請を理解して「妥協する」役割も一部担わされていますが、本来は政治の役目である総合的な判断や責任まで背負わされるというのも筋違いと思います。

2つ目は、感染症以外の分野に関する専門知識が十分に流通しないという問題です。その結果として、対策が政治家の思いつきや、世論の一時の感情で左右されてしまうという問題があります。

アメリカの、例えばバイデン政権の場合は、総額200兆円という巨大なコロナ対策補正予算を使って、力づくで全国民を納得させようとしています。ですが、もしも、雇用問題の専門家が失業対策に関するきめ細かい提言を行い、教育の専門家がオンライン教育における子どもへの影響や必要な工夫を提言し、というように各分野の専門家がもっと多角的な議論を展開していたら、あそこまで大雑把な政策論議にはならなかったのではないかと思います。

世論の不安感情を緩和するため

また、感染を抑え込むための数理計算的な情報は飛び交っているものの、肝心の新型コロナという感染症の症状や治療法について、臨床医からの説明というのは、かなり少ないのが現状です。「コロナはフェイク」などという言動が今でも残っている背景には、そうした問題があると思います。

日本の場合も、例えば飲食業や運輸関連などについて、個々の企業の財務状態はどうなのか、雇用はどの程度失われているのか、実際にコロナ禍で発生している困窮は、どの程度の広がりがあるのかなど、実際に移動や飲食がクラスターになっているのはどのような頻度の話なのか、それぞれの専門家と、現場の代表がもっともっと事実を発信していけば、政治も決めやすいし、世論も納得がしやすくなるのではないかと思います。

例えば、日本ではこれからワクチン接種を加速しなくてはなりませんが、予防接種行政の専門家がきちんと登場して、どんな準備が必要なのかを解説してくれれば、社会の方も状況を理解して待つことができると思います。さらに、副反応への懸念については、これは感染症医よりも、薬学の専門家がそれぞれのワクチンの有効成分、溶剤、添加剤などを説明した上で、副反応のメカニズムを話してくれれば、不安感情の緩和になるのではないかと思います。

いずれにしても、詳しい情報は常に感染症医の観点から「だけ」発信され、それ以外は政権や官僚による政治的な説明だけというのでは、社会の不安感は解決しません。その意味で、新型コロナの「リスコミ」ということでは、アメリカも日本もまだまだ改善の余地があると思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

再送-ロシア、首相の北方領土訪問巡り日本の「敵対的

ビジネス

米フィリップ・モリス、英で「マールボロ」販売終了へ

ワールド

原油先物は小幅高、タイトな供給とワクチン接種率が支

ワールド

韓国と北朝鮮、ホットライン再開=韓国政府筋

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 3

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中