コラム

日米のコロナ対策に共通する「リスコミ」の問題点

2021年05月06日(木)13時30分

政府分科会・尾身会長からは専門家としての見解が発信されているが David Mareuil/Pool/REUTERS

<本来なら政治の役割である総合的な判断や責任まで、感染症の専門家が背負わされるのは筋違い>

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって約14カ月。この間、新型コロナのリスクに関する専門知識の普及と、対策の根拠を社会に対して説明するコミュニケーション、つまり「リスコミ(リスク・コミュニケーション)」については、アメリカと日本は似通った体制が取られてきました。

もちろん、アメリカの場合は保守層の中に「マスクもワクチンも拒否」という対策に非協力的な世論があり、その一方で、バイデン政権は巨額の国費を投じて猛烈な勢いでワクチン接種を進めているなど、政治的構図や政策の中身は大きく異なります。

ですが、リスコミの体制については、驚くほど似通っています。それは、政府側の発信も、これを受けて是々非々で臨むメディアの側の発信も、「感染症の専門家」だけに頼っているという構図です。

まず、アメリカの場合、感染症の専門家として、国立アレルギー・感染症研究所の所長である、アンソニー・ファウチ博士の存在があり、国のより上位の機関であるCDC(疾病予防管理センター)や、WHO(国際保健機関)との連携を取りつつ感染拡大対策に関する具体的な説明と提言を続けてきています。過半数の国民、特に東北部や西海岸の各州、そして民主党支持者の間では、ファウチ博士への信頼感は絶大です。

感染症対策の立場以外の問題、つまり経済への影響、社会心理などについては、その方面の専門家が問題提起をする機会は限られています。ですから、こうした問題については、政治、特にホワイトハウスという国家レベルの行政府と、各州の知事という行政が政策を説明するだけでした。

経済や社会の議論は聞こえてこない

日本の場合もこれと似通っています。専門家としての説明と提言は、尾身茂博士をはじめとする感染症の専門家に限られています。それ以外の経済や社会の問題については、政府が政策を説明するだけで、専門的な議論というのは聞こえてきません。政府の諮問委員会には経済学者も入っていますし、財界が提言したりすることはありますが、どちらも肝心の論点を世論に説明する体制とはなっていません。

いくつか問題が指摘できます。

その1つは、感染症の専門家が、理不尽な攻撃に晒されるという問題です。感染症の専門家の立場というのは、問題となっている感染症の患者を少しでも減らし、そして罹患した人は1人でも多く救命するというのが原則です。医師としてそれが、絶対に譲れない倫理であるからで、当然のことです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

フィリピン中銀が政策金利据え置き、インフレ加速でも

ビジネス

英PMI、9月速報は2月以来の低水準 スタグフレー

ビジネス

スイス中銀、金融緩和策を維持 国内景気に一段と慎重

ワールド

ノルウェー中銀、予想通り0.25%利上げ 12月に

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 3

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機が…

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    1歳の姪にかみ付いた愛犬を安楽死させた自分が今も許…

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 9

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中