Picture Power

【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点

THE POLARIZED CITY

Photographs by Q.SAKAMAKI

2020年10月30日(金)18時20分
【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点

【外交】アメリカ国連代表部の正面に飾られたドナルド・トランプ大統領の肖像写真。通りを挟んで反対側にある国連本部前に掲げられた加盟国の国旗がガラスに映る(本文文末に続く)

<さまざまな課題に対するアメリカ市民の見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化してしまった>

高級ブティックや百貨店が立ち並ぶニューヨーク5番街。豪奢なショーウインドーやブランド品は世界中から訪れる人々を魅了してきた。ところが大統領選挙を11月3日に控えた最近は、営業不振のために休業や撤退を余儀なくされた店舗が目立つ。店は傷だらけの合板で覆われ、露天商が偽のブランド品を売っている。

この光景を、両大統領候補の支持者たちは全く異なる視点で見ている。共和党側は「リベラルな州知事らによる過剰な新型コロナウイルス対策が原因」と捉え、民主党側は「保守派トランプ政権の経済政策の失敗」と呼び、お互いを罵り合う。

外交、治安、公衆衛生などのさまざまな課題に対する市民たちの見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化している。見解が大きく乖離した者同士の議論は成立せず、選挙戦の中で対立だけが深まっている。

結果はどうあれ、選挙後に双方が歩み寄りを目指すことなどあり得ない状況だ。修復が困難なところまで進んだ分断社会を、癒やす方法はあるのだろうか。

(冒頭写真キャプションの続き)
<共和党支持者の視点>自国第1主義。国際協調路線に背を向け、気候変動対策やイラン核合意などの国際的枠組みからは離脱。アメリカの利益にならない国連は軽視して当然
<民主党支持者の視点>多国間主義。トランプは同盟国やパートナーを正当に扱わず、時に見捨ててきた。アメリカ主導の国際協調を復活させ、権威主義的国家の台頭を止めるべきだ

ppny02.jpg【経済】再開発計画が滞るニューヨークの目抜き通りの五番街で、偽のブランドバッグを売る露天商
<共和党支持者>民主党の州知事や市長などによる行き過ぎた新型コロナ対策が景気後退の原因。コロナ禍初期に米国株は一時大幅下落したが、8月には過去最高値を更新している。経済の先行きは明るい
<民主党支持者>トランプ政権の経済政策の失敗が原因。コロナ禍への初期対応の誤りが経済に冷や水を浴びせた。株高も実体経済を反映しておらず、大半のアメリカ人には恩恵がない。持つ者と持たざる者の格差は広がるばかり


ppny03.jpg【警察】BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動を警備するニューヨーク市警察
<共和党支持者>「法と秩序」を維持するために警察力は欠かせない。リベラル派の警察への反発は行き過ぎで、経費削減をしたら市民を守れない。社会秩序は崩壊し、犯罪が蔓延するだろう
<民主党支持者>警察機構の中に潜む暴力、差別主義を認識し、組織変革や警官の再教育が必要だ。場合によっては経費削減も選択肢の1つ。共和党は選挙のために社会不安を利用している


ppny04.jpg【人種差別】黒人たちへの暴力や差別に抗議するBLMのデモ
<共和党支持者>BLMは人種間の断絶をあおる運動で、参加者は差別主義者の集まりだ。警察に殺された人数は、黒人よりも白人のほうが多い
<民主党支持者>人口比では白人よりも黒人のほうが2倍以上の割合で警察に殺されている。BLMの参加者は20~30代の白人が圧倒的に多く、人種を超えた基本的人権の擁護を訴える運動だ


ppny05.jpg【公衆衛生】新型コロナ対策のために、マスク着用が義務付けられているニューヨークの地下鉄
<共和党支持者>マスクは個人の自由を束縛している。新型コロナの死亡率はさほど高くないから、マスクの必要性は感じない。トランプ自身も感染から短期間で復活した。経済や社会活動の早期完全再開を求める
<民主党支持者>マスクは自分自身と家族、他者の命を守るもの。新型コロナは現在最も真剣に立ち向かうべき問題だ。ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち、経済や社会活動の完全再開は慎重を期したい

ニュース速報

ビジネス

来年も株高は継続、利回り求める投資家マネーが流入=

ビジネス

米サイバーマンデー、売上高108-114億ドルの見

ビジネス

中国100都市の新築住宅価格、11月は伸び鈍化=民

ビジネス

日経平均は急反発、連日のバブル後最高値

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!