Picture Power

【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点

THE POLARIZED CITY

Photographs by Q.SAKAMAKI

2020年10月30日(金)18時20分
【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点

【外交】アメリカ国連代表部の正面に飾られたドナルド・トランプ大統領の肖像写真。通りを挟んで反対側にある国連本部前に掲げられた加盟国の国旗がガラスに映る(本文文末に続く)

<さまざまな課題に対するアメリカ市民の見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化してしまった>

高級ブティックや百貨店が立ち並ぶニューヨーク5番街。豪奢なショーウインドーやブランド品は世界中から訪れる人々を魅了してきた。ところが大統領選挙を11月3日に控えた最近は、営業不振のために休業や撤退を余儀なくされた店舗が目立つ。店は傷だらけの合板で覆われ、露天商が偽のブランド品を売っている。

この光景を、両大統領候補の支持者たちは全く異なる視点で見ている。共和党側は「リベラルな州知事らによる過剰な新型コロナウイルス対策が原因」と捉え、民主党側は「保守派トランプ政権の経済政策の失敗」と呼び、お互いを罵り合う。

外交、治安、公衆衛生などのさまざまな課題に対する市民たちの見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化している。見解が大きく乖離した者同士の議論は成立せず、選挙戦の中で対立だけが深まっている。

結果はどうあれ、選挙後に双方が歩み寄りを目指すことなどあり得ない状況だ。修復が困難なところまで進んだ分断社会を、癒やす方法はあるのだろうか。

(冒頭写真キャプションの続き)
<共和党支持者の視点>自国第1主義。国際協調路線に背を向け、気候変動対策やイラン核合意などの国際的枠組みからは離脱。アメリカの利益にならない国連は軽視して当然
<民主党支持者の視点>多国間主義。トランプは同盟国やパートナーを正当に扱わず、時に見捨ててきた。アメリカ主導の国際協調を復活させ、権威主義的国家の台頭を止めるべきだ

ppny02.jpg【経済】再開発計画が滞るニューヨークの目抜き通りの五番街で、偽のブランドバッグを売る露天商
<共和党支持者>民主党の州知事や市長などによる行き過ぎた新型コロナ対策が景気後退の原因。コロナ禍初期に米国株は一時大幅下落したが、8月には過去最高値を更新している。経済の先行きは明るい
<民主党支持者>トランプ政権の経済政策の失敗が原因。コロナ禍への初期対応の誤りが経済に冷や水を浴びせた。株高も実体経済を反映しておらず、大半のアメリカ人には恩恵がない。持つ者と持たざる者の格差は広がるばかり


ppny03.jpg【警察】BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動を警備するニューヨーク市警察
<共和党支持者>「法と秩序」を維持するために警察力は欠かせない。リベラル派の警察への反発は行き過ぎで、経費削減をしたら市民を守れない。社会秩序は崩壊し、犯罪が蔓延するだろう
<民主党支持者>警察機構の中に潜む暴力、差別主義を認識し、組織変革や警官の再教育が必要だ。場合によっては経費削減も選択肢の1つ。共和党は選挙のために社会不安を利用している


ppny04.jpg【人種差別】黒人たちへの暴力や差別に抗議するBLMのデモ
<共和党支持者>BLMは人種間の断絶をあおる運動で、参加者は差別主義者の集まりだ。警察に殺された人数は、黒人よりも白人のほうが多い
<民主党支持者>人口比では白人よりも黒人のほうが2倍以上の割合で警察に殺されている。BLMの参加者は20~30代の白人が圧倒的に多く、人種を超えた基本的人権の擁護を訴える運動だ


ppny05.jpg【公衆衛生】新型コロナ対策のために、マスク着用が義務付けられているニューヨークの地下鉄
<共和党支持者>マスクは個人の自由を束縛している。新型コロナの死亡率はさほど高くないから、マスクの必要性は感じない。トランプ自身も感染から短期間で復活した。経済や社会活動の早期完全再開を求める
<民主党支持者>マスクは自分自身と家族、他者の命を守るもの。新型コロナは現在最も真剣に立ち向かうべき問題だ。ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち、経済や社会活動の完全再開は慎重を期したい

ニュース速報

ビジネス

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ワールド

米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告

ビジネス

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボンジュウ」を許されないとした理由

  • 3

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 6

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 7

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 8

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 9

    株価が上がっているのに、「価値の下がっているモノ…

  • 10

    バイデンが提唱する対中連携を拒否 シンガポールが…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!