Picture Power

【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ

THE WORLD’S NEW GAMBLING CAPITAL?

Photographs by CHRISTIAN LUTZ

2019年11月21日(木)18時00分
【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ

マカオを代表するカジノリゾートホテル、ウィン・マカオは金色に輝く「繁栄の木」が訪問者を出迎える。約10万枚の葉は24金や真鍮製だ

<世界中から観光客が集まるラスベガスと違って、マカオを訪れるのは本土の中国人、香港人、台湾人が大部分を占める>

香港とマカオの間を通って南シナ海に抜ける中国の大河、珠江。ここから眺めるマカオには中国の「成金」ぶりが透けて見える。特権的に許されているカジノ産業が、夢想を現実にしたようなカラフルな街をつくり上げた。その姿は、さながら珠江デルタに浮かぶ楼閣のようだ。

ポルトガル領時代の1847年に合法化されて以降、マカオのカジノは170年以上の歴史を持つ。1999年に中国に返還された後、カジノの独占市場が開放されると、空前のカジノリゾート建設ラッシュが起こった。豪華ホテル滞在と享楽生活を楽しむために訪れる観光客は、今や年間3500万人に上る。

マカオのカジノ開発は本場ラスベガスをモデルにしており、その後の急成長で、売上高は06年にラスベガスを上回る世界一に。ただ、イタリアのベネチアやフランスのエッフェル塔など、ヨーロッパの観光地を再現した街並みに高級ブランド店が立ち並ぶ姿には、どこかやぼったい雰囲気が漂う。世界中から観光客が集まるラスベガスと違い、マカオを訪れるのは本土の中国人や香港人、それに台湾人が大部分を占めている。

アメリカから中国へ、カジノ産業の主役が交代するのは、まだ先の話になりそうだ。

ppmacau02.jpg

多くの統合型リゾート(IR)が集まるコタイ地区に16年にオープンしたウィン・パレスのロビー


ppmacau03.jpg

ラスベガスでも有名な巨大カジノリゾートとマカオのカジノ王の娘が手を組んで設立したMGMコタイのレストラン。店名の「Five Foot Road」はシルクロードの古道「五尺道」にちなむ


ppmacau04.jpg

ベネチアン・マカオ内のショッピングセンターに再現されたヨーロッパ風の街並み

ニュース速報

ビジネス

英失業率4─6月は3.9%、就業者数は09年以来の

ビジネス

独バイエル、英バイオ企業を買収へ 更年期症状改善薬

ワールド

インド前大統領が新型コロナ、人工呼吸器装着との報道

ワールド

モーリシャス沖で座礁の貨物船、1800トンの油なお

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!