Picture Power

【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年

THE AVEDON YEARS

Photographs by GIDEON LEWIN

2019年11月08日(金)16時00分
【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年

化粧品メーカー・レブロンの広告のため女優でモデルのローレン・ハットンを撮影

<ファッション写真での成功を足掛かりに、写真の可能性を芸術の域へと押し広げた>

単なる写真家の枠を越えたアメリカ文化のアイコン的存在――こう形容して申し分ない人物が、リチャード・アヴェドンのほかに何人いるだろうか。ファッション写真での成功を足掛かりに、スターから市井の人まであらゆる人物を撮影。写真の可能性を芸術の域へと押し広げた。自身をモデルにした映画も公開された。

アヴェドンが既に絶頂期にあった1964年にアシスタントとして働き始めたのが、ギデオン・ルーインだ。以後、独立するまでの16年間にわたり、彼は濃密な白黒ポートレートで知られるアヴェドンの仕事を傍らで見つめ続けた。

日本の冬山からメキシコの海岸まで。ヴォーグやハーパーズ・バザーなどの雑誌を彩った美女たち。花盛りのアメリカ文化の一翼を担った写真家の仕事風景を、ルーインは折に触れて撮り続けた。

後に自身も写真家として成功したルーインの「アヴェドン時代」を収めた作品集『Avedon: Behind the Scenes 1964-1980』が、今月出版された。そこには、アヴェドンの作品作りの知られざる内幕が鮮やかに記録されている。

ppavedon02.jpg

1964年にニューヨークで開かれた個展で壁一面にコラージュされた作品群に見入るアヴェドン


ppavedon03.jpg

控え室でヘアメーク中の女優・モデルのレネ・ルッソ


ppavedon04.jpg

撮影で訪れたメキシコの海岸で「日焼けチェック」をするアヴェドン

Photographs from "Avedon: Behind the Scenes 1964-1980" by Gideon Lewin, published by powerHouse Books

ニュース速報

ビジネス

10月実質輸出は前月比‐1.5%、実質輸入は-2.

ワールド

米中の「第1段階」通商合意、中国の関税撤廃要求で内

ビジネス

小学生に1人1台PCを検討、企業の内部留保活用も=

ワールド

中国、香港人権法案巡り米公使に強く抗議

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 3

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!