Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.8.28号(8/21発売)

特集:CIAに学ぶ最高のリーダー論

2018年8月28日号(8/21発売)

Cover Story

最強スパイ機関CIAの指導者育成プログラムとは? 元担当者が明かすフラットな組織が最も機能する理由

指導者 CIAが説く最高のリーダー論
■ポイント CIAのリーダー養成メモ
原則 米海兵隊リーダー11の鉄則
経営 できる組織づくりは戦闘機乗りに学べ
書籍 知性派軍人マティスの本棚
教訓 失敗将軍ぺトレアスを反面教師にせよ

身近な「ステルス有害物質」に要注意

ヘルス 衛生的と思い込んでいた場所や生活用品に潜む意外な健康リスク
本当は危ないミネラルウオーター/ハンドドライヤーの風であなたの手は菌まみれ/毎日の食卓もプラスチックだらけ/あのPM2.5が回り回って糖尿病に/タバコの副流煙は20年以上部屋に残る/食中毒を防ぐため正しい手洗い習慣を/ホテルのプールが感染症の発生源
【PERISCOPE】
InternationaList
ITALY 橋崩落事故をEUのせいにするイタリア
SOUTH KOREA 南北会談と文在寅のプレッシャー
VENEZUELA 水不足ベネズエラで手術もできない
MILITANTS ISISの潜伏兵3万人が臨戦態勢に
BY THE NUMBERS EU残留を望むイギリスの心変わり
KAZAKHSTAN 人権と中国の間でカザフが板挟み
JAPAN 日米同盟破棄で「魂」は復活するのか
GERMANY 農業大国ドイツが熱波で厳しい収穫減に
Asia
JAPAN 変わる軍事的脅威と変われない自衛隊
U.S. Affairs
「Nワード」発言でもトランプ支持層は揺るがず
Sports
タイガー・ウッズ復活はおじさんたちへの応援歌
【FEATURES & ANALYSIS】
トルコ通貨危機 大人のケンカが市場の危機に
欧州 経済危機と難民危機の危うい相関関係
貿易戦争 米中の争いで漁夫の利を得るEU
生物学 『ジュラシック』? 4万年前の虫が復活
食品 表示をめぐるバトルで「豆乳」が消える日
軍事 EU離脱で加速する英ステルス機開発
【LIFE/STYLE】
Food 世界初! ロボットが作るハンバーガー店
Sports 黒人はなぜ水泳が苦手なのか
Celebrity セレブの婚約、そんなに急いで大丈夫?
Work 「面接受けする人」の意外な決め手
Movies アメリカ版ワンオペ母の物語
Movies ハリウッドに躍り出た中国系女子ラッパー
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国版#MeTooが抱える限界
Picture Power 東京に集う単身者という「細胞」たち

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!