コラム

グローバル化と安全保障 鈴木一人
グローバル化と安全保障 鈴木一人

世にも奇妙なホワイトハウス公式文書

<サウジアラビアのジャーナリスト、ハーショグジー氏殺害にムハンマド皇太子が関与していると疑われる中でトランプ大統領が出した声明は公式文書とし

2018.11.26
グローバル化と安全保障 鈴木一人

米朝首脳会談は「筋書きなきドラマ」なのか

<首脳会談開催というところに落ち着くことはある程度、落としどころに向かって展開されるドラマであった。しかし「筋書きのないドラマ」はこれからで

2018.05.29
グローバル化と安全保障 鈴木一人

トランプの世界観:イラン制裁再開で何を目指すのか

<イラン核合意から離脱し、制裁を強化することにどのような意味があるのか。その狙いと背景を考える> 5月8日にトランプ大統領はイラン核合意を離

2018.05.28
グローバル化と安全保障 鈴木一人

北朝鮮とトランプ:「リビア方式」を巡る二重の誤解

<「リビア方式」を巡っては、ボルトンも誤解し、北朝鮮も(意図的に)誤解し、そして北朝鮮の誤解をそのまま受け入れたトランプも誤解したまま米朝首

2018.05.21
グローバル化と安全保障 鈴木一人

トランプの宇宙政策大統領令と国際宇宙探査フォーラム

<民間企業SpaceXの見事な有言実行のいっぽうで、グダグダなアメリカ政府の宇宙戦略。日本はただアメリカの戦略に乗るしかないという状況でいい

2018.03.06
グローバル化と安全保障 鈴木一人

イラン核合意を巡る米欧交渉と国務省のジレンマ

<トランプ大統領はイラン核合意の見直しを主張しているが、国務省は自分たちですら納得していない実現不可能な提案を欧州各国と交渉するという逃げ場

2018.02.26
グローバル化と安全保障 鈴木一人

エルサレム首都宣言とイラン核合意破棄の類似性

<これまでのタブーを破ったトランプ大統領。国内の支持者は喜ばせるが、現実には何もせず、ただ世界からの不信感を買うという、イラン核合意破棄と同

2017.12.11
グローバル化と安全保障 鈴木一人

北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

<北朝鮮問題で緊張が高まる中、トランプ大統領は、誰にとってもメリットがないイラン核合意の廃棄に突き進もうとしている。アメリカはイラン問題では

2017.08.21
グローバル化と安全保障 鈴木一人

マクロン新党の勝利の意味

<フランス国民議会選挙は、フランスの政党政治の衰退を決定的なものにし、フランスの有権者が持つ、政治エスタブリッシュメントに対する批判をこれ以

2017.06.22
グローバル化と安全保障 鈴木一人

歴史的転換点かもしれないイラン大統領選挙

<19日に実施されたイラン大統領選では、改革派を取り込んだロウハニ大統領が再選を果たした。1979年のイラン・イスラム革命以来続いている、イ

2017.05.25

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    「ひざの痛み」という悩みがいつまでも解消されない…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 10

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 6

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 7

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 10

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中