最新記事

日本政治

今回の総裁選からは、自民党が古い派閥政治と決別する希望が見える

The LDP Restoration

2021年9月22日(水)18時07分
シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)
自民党総裁選

衆院選を間近に控えての総裁選は「党の顔」選びの側面が大きくなっている Kimimasa MayamaーPoolーREUTERS

<派閥ボスの談合で物事が決まる密室支配と、続く不祥事に国民も自民若手もうんざり。自民党は改革政党に生まれ変われるか>

この夏日本では、新型コロナウイルスの感染拡大、さらには東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えて、世論の不満が募る一方だった。国民の不満は各種世論調査や地方選挙の結果にはっきりと表れ、菅義偉首相率いる現政権の支持率は急落した。

だが、多くの人にとって予想外だったのは与党・自民党内で不満が噴出したことだ。菅も二階俊博幹事長も、不満が沸点に達していることに気付かなかった。

菅の任期満了に伴い自民党の次期総裁を決める選挙が告示された今、党内の不満と対立はさらに顕著になっている。安倍晋三前首相が所属する最大派閥の細田派は支持候補を一本化できず、安倍政権で外相を務めた岸田文雄と安倍のイデオロギーを受け継ぐ高市早苗前総務相の両方を推すことにした。

前回の総裁選に出馬した石破茂元幹事長と若手のリーダー的存在の小泉進次郎環境相は今回、河野太郎行革担当相を支持すると表明している。現政権でコロナワクチンの接種推進の旗振り役を務める河野は、世論調査で他候補を圧倒的にリードしている。

コメンテーターがこの3人の三つどもえの戦いを語りだした矢先、4人目の候補が名乗りを上げた。ジェンダーと家族政策で党を引っ張ってきた野田聖子幹事長代行だ。

4人の候補は4回の討論会を通じて、それぞれ独自の日本の未来像を描き、われこそは自民党総裁、ひいては日本の首相にふさわしいビジョンの持ち主であると党員にアピールすることになる。

くすぶる五輪強行への怒り

一方、実施時期が注視されていた衆院選は11月初めに行われる見通しだ。国政選挙が控えていることが総裁選をめぐる党内の緊張感の底流にある。菅首相の支持率急落が物語るのは、後手後手に回ったコロナ対策への不満や、1年延期されたオリンピックとパラリンピックの強行に対する怒りが有権者の間に広くくすぶっていることだ。

とはいえ総裁選を左右するのはコロナと五輪だけではない。次期衆院選はポスト安倍の初めての国政選挙で、自民党の苦戦が予想されている。安倍は政権復帰した2012年以降、衆参それぞれ3回、計6回の国政選挙で勝利し、公明党と共に衆参両院で過半数議席を維持。8年近い在任中、国会対策に手を焼くことはほとんどなかった。

だが安倍政権は一連の政治的スキャンダルにたたられた。安倍自身が権力と金の不適切な使用をめぐり野党の厳しい追及を受けたが、(「桜を見る会」以外は)前首相に対する正式な捜査は行われなかった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

ワールド

アングル:対中関係で「責任」示せるか、米政権が首脳

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年越しに根絶 米

  • 4

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 8

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 9

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月