コラム

「アンドルー王子は性的人身売買の犠牲者であることを知って性行為に及んだ」性接待を強いられた女性が訴え

2021年08月12日(木)19時48分

・エプスタイン氏は1999~2007年、米フロリダ州パームビーチの邸宅、アメリカや海外の他の場所で30人以上の未成年の少女を性的に虐待した。エプスタイン氏は自分だけでなく他の権力者にも少女を性的に虐待するように勧めていた。有給の従業員を使って未成年の女の子を見つけては邸宅に連れて来させた。

・バージニアさんも他の未成年者を同じように最初はマッサージを提供するために、そしてその後エプスタイン氏に対するさまざまな性的行為に従事するためにリクルートされた。バージニアさんはエプスタイン氏の要求に応えるために国内外の旅行に頻繁に同行した。エプスタイン氏に定期的に虐待され、性的な目的で他の権力者の男性に貸し出された。

仲介役は英社交界のご令嬢

・バージニアさんが性的目的で貸し出された権力者の一人がアンドルー王子だ。アンドルー王子は英メディア王ロバート・マクスウェル氏(故人)の娘で英社交界の名士ギレーヌ氏と親しかった。ギレーヌ氏は何年にもわたってエプスタイン氏の性的人身売買ネットワークの監督と管理を担当し、バージニアさんを含め少女を積極的にリクルートした。

・アンドルー王子は99年にギレーヌ氏を通じてエプスタイン氏と知り合った。その後、バージニアさんを性的に虐待した米ニューヨーク市のエプスタイン氏の邸宅やギレーヌ氏が所有するタウンハウスなど世界中にあるエプスタイン氏の邸宅に頻繁にゲストとして招かれるようになった。

・エプスタイン氏の性的人身売買活動の範囲を知らなかったように装って犠牲者への同情を示したあと、アンドルー王子はエプスタイン氏と共謀者らに対する捜査と起訴に関して米当局への協力を拒否した。17歳の時にアンドルー王子から性的虐待と暴行を受けたバージニアさんの身体的、心理的被害は深刻で長く続いている。

・億万長者のエプスタイン氏は権力者と幅広い交友関係を築き、無制限に見える富を利用して自分自身や共謀者、世界で最も強力な権力者たちのために性的人身売買ネットワークを構築した。若い女性を操縦し、虐待する性的人身売買スキームを完成させた。

少女の弱みにつけ込み、飼い慣らす

・ギレーヌ氏はエプスタイン氏の性的人身売買企業で最高位リクルーターだった。彼女自身、エプスタイン氏の性的人身売買事件で起訴され、秋に刑事裁判が始まる。ギレーヌ氏や別の女性リクルーターは少女たちが抱える弱さについて素早く学ぶため、少女に近づいて話しかけた。学校、スパ、トレーラーパーク、街頭などがリクルートの場所だった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

野村HD、25年3月期の3部門合計税前利益目標は3

ビジネス

寄り付きの日経平均は続伸後マイナス圏、2万6500

ビジネス

SMFG系航空機リース会社が欧州企業買収、保有機体

ビジネス

野村HD、暗号資産関連の子会社設立 22年後半に開

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカーの衝撃ビジュアルが話題に

  • 4

    ロシア兵は突如、11歳の少女の「あごに発砲した」...…

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 7

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    マリウポリの地下室で、8歳の少年が「絵日記」に書い…

  • 10

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中