コラム

ディズニー恐るべし、『アラジンと魔法のランプ』は本当は中東じゃないのに

2019年11月27日(水)16時40分

タイム誌の報道後、トルドー首相はすぐに謝罪、「そのような(扮装を)すべきではなかった。もっとよく理解すべきであったが、(当時の自分は)そうではなかった。まことに申し訳ない」と述べ、写真が人種差別だと考えるかとの質問にも「そのとおり。当時はそれが人種差別だとは考えなかったが、今はもっときちんと理解している」と語り、全面的に非を認めている。

トルドー率いる自由党は2015年の選挙では圧勝したが、今回の選挙では、スキャンダルもあり、大苦戦、かろうじて第1党の座を死守したものの、過半数を割り込んでしまった。

2019年の実写版映画『アラジン』でもいろいろ問題になっていた

さて、黒塗り事件におけるトルドーの扮装だが、彼自身、パーティーがアラビアンナイトをテーマにしたもので、自分はアラジンの扮装をして、メーキャップをしたと証言している。

アラビアンナイトはもちろんアラビア語の古典文学『千夜一夜物語』のことであり、アラジンとはそのなかでも一番有名な物語の一つ『アラジンと魔法のランプ』の主人公である。ただ、案ずるに、バカでっかいターバンの扮装は、ディズニーのアニメ『アラジン』の影響を受けたのであろう。

この名作アニメが公開されたのが1992年、今年2019年には実写版も公開されている。東京ディズニーシーのアトラクションでもフィーチャーされているので、日本でもよく知られているはずだ。トルドーの扮装をみて、あーアレねとピンときたかたも多いのではないだろうか。

実写版映画の宣伝には「貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、"3つの願い"を叶えることができる"ランプの魔人"ジーニー」とある。

トルドーのターバンは、アラジンがジーニーの魔法で「アリ・アバブア王子」に変身した姿をモチーフにしたものと考えられる。ただし、アニメのアラジンもアリ・アバブア王子もたしかに浅黒い肌で表現されていたが、トルドーの扮装ほど黒くない。明らかに誇張しすぎであろう。

実は、アラジンの実写版でも似たような事件が起きていた。中東が舞台ということで、アラジン役のエジプト系カナダ人のメナ・マスードをはじめ、主要キャストには中東と関わりのある俳優が選ばれていた。だが、ジャスミン王女役のナオミ・スコットは中東とは無関係であり、これがホワイトウォッシュ(白人化)ではないかと叩かれたのだ。ただ、スコットは半分インド人の英国人で、純粋な白人ではない。とはいえ、これがまたインド系と中東系をいっしょくたにしていると批判の対象となった。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、ロシア産禁輸巡りEU合意難航

ビジネス

物価目標は総合指数、基調をコア指数などで把握=雨宮

ワールド

ウクライナ大統領、IMF専務理事と財政支援協議

ワールド

プーチン氏「対抗」と警告、北欧2国でNATO軍事施

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカーの衝撃ビジュアルが話題に

  • 4

    ロシア兵は突如、11歳の少女の「あごに発砲した」...…

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 7

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    マリウポリの地下室で、8歳の少年が「絵日記」に書い…

  • 10

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中