コラム

日本人が知らない、社会問題を笑い飛ばすサウジの過激番組『ターシュ・マー・ターシュ』

2021年06月02日(水)17時20分
サウジアラビアビアのアブダッラー前国王

番組を好きだったといわれるサウジアラビアビアのアブダッラー前国王(2007年) Dylan Martinez-REUTERS

<女性、部族、官僚、宗教の問題を笑いの標的にした喜劇が、なんとサウジ国営テレビで放映され、大人気だった。「テロリズム・アカデミー」なるエピソードもあり、前国王も大ファンだったという。サウジ社会が変貌を遂げる前の話だ>

サウジアラビアの著名な演出家アブドゥルハーリク・ガーニムがダンマームの病院で死亡した。63歳だった。しばらくまえから、前立腺癌で長期にわたって闘病中である様子がメディアで報じられていたので、多くのファンが心配していたのだが、結局、復帰はかなわなかったようだ。慎んでご冥福をお祈りします。

といっても、大半の人にとって、アブドゥルハーリク・ガーニムっていったい誰?という感じであろう。しかし、彼はサウジアラビアではもっとも著名なテレビ演出家の一人とみなされており、知らない人はいないという存在だ。

代表作は1993年から毎年ラマダーン月にサウジ国営テレビで放映され、サウジアラビアのみならず、アラブ世界全域で大人気となった『ターシュ・マー・ターシュ』である。とはいえ、この作品だって、日本ではまったく知られていない。

アブドゥルハーリク・ガーニムの訃報に接して、私はサウジ人から教えてもらったジョークを思い出した。それは、地獄にはサウジ人だけが入る地獄があるという話だ。

その地獄では、サウジ人は清潔なベッドとテレビのある瀟洒な部屋に入れられる。しかも、おいしい食事が3食提供される。これのどこが地獄なのかというと、そのテレビはサウジ国営テレビしか映らない、というのがオチだ。

つまり、サウジ国営テレビの番組はめちゃくちゃ退屈で、どんなに心地いいところに住んでいたとしても、それしか見るのがないのは地獄にも等しいというわけである。

たしかに、私がサウジアラビアに住んでいたころに見ていたサウジ国営テレビは朝から晩まで抹香くさい宗教番組や政府の公式見解しか伝えないニュース番組ばかりで、およそ娯楽とはほどとおいものであった。

たまにハリウッド映画を放映したりするのだが、その場合も、ヌードはもちろん水着の場面も全カットされ、さらに酒を飲んでいる場面もご法度ということで、ズタズタに編集されてしまう。

お金をもっている人たちは、衛星放送で欧米の番組をいろいろ見られるのだが、私が住んでいたアパートはサウジ国営テレビとCNNぐらいしか映らず、ほとんどそれで満足しなければならなかった。そうした状況のなか登場したのが『ターシュ・マー・ターシュ』だったのである。

放送開始直後からサウジ社会を大きく揺るがした

『ターシュ・マー・ターシュ』という番組名は子どもの遊びからとっている。

「ターシュ」は、アラビア語で「炭酸飲料から泡がシュワシュワと噴きでる」ことを意味する。「マー」は否定辞で、したがって「噴きでるか、噴きでないか」といった意味になる。実際には何本かのコーラかなんかの炭酸飲料の瓶をシャカシャカと振って、どの瓶が噴きでて、どの瓶が噴きでないかを当てるという他愛ないゲームだ。

さて、『ターシュ・マー・ターシュ』は、取るに足らないものを象徴するタイトルを冠していたものの、内容はきわめて挑発的であり、放送開始直後からサウジアラビア社会を大きく揺るがすこととなった。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 8

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 9

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中