コラム

令和の禁酒令、世界最古のワイン、もぐりの酒屋... それでもみんなお酒が飲みたい

2021年05月26日(水)18時10分
ロシア人

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<禁止されても、飲みたくなるのが人情? 令和3年に振り返る世界各地の「お酒の思い出」>

【酒好きの男】
お酒の飲み過ぎで入院していたロシア人が、見舞いに来てくれた友人に言った。

「俺ももう長くはないだろう。もしものことがあったら、俺の墓には最高のウオッカをたっぷりとかけてくれないか?」

友人が答えた。

「分かった。そうしよう」

友人が続けた。

「でもそれは俺の内臓を通してからでいいかな?」

◇ ◇ ◇

「令和の禁酒令」に「路上飲み」など、お酒にまつわる話題に事欠かない令和3年。そこで今回は、世界各地での「お酒の思い出」について少し書いてみたい。

私が2年ほど暮らしていたルーマニアの代表的なお酒は「ツイカ」という蒸留酒。原料はプラムで、主に食前酒として愛飲されるが、アルコール度数は40度以上が普通というかなり強いお酒である。

私はこのツイカを毎日のように飲まされ続けたおかげで、だいぶお酒に強い体となった。

ルーマニアは冬が長く厳しい国だが、ツイカを飲むと体が内側から温まる。一方で、夏がジメジメと蒸し暑い日本では、キンキンに冷やしたビールが人気だが、お酒と気候の相関は深い。

また、ルーマニアはワインの生産も盛ん。驚いたのは、炭酸水で割る飲み方が一般的なことである。

当初は「もったいない」と思ったものだが、いつの間にかすっかり慣れ、違和感もなくなってしまった。このような飲み方は、実はヨーロッパのあちこちで親しまれている。

イラクに「もぐりの酒屋」

中東と聞くと「飲酒がタブー」というイメージが強いかもしれないが、実際には国によってかなりの差が見られる。

トルコには「ラク」というブドウの蒸留酒がある。アニスで香りを付けたこの蒸留酒は無色透明だが、水で割ると白濁するため「ライオンのミルク」とも呼ばれる。

アラビア半島では「アラック」と称されるが、江戸時代の長崎では「阿刺吉(あらき)」という酒が取引されていたという。おそらく同じものであろう。

レバノンでは多様なワインやビールが生産されている。レバノンのワインは一説には「世界最古のワイン」とも言われるが、20世紀にフランスの植民地となった影響もあり、フランスワインに似た芳醇な風味が特徴となっている。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中