注目のキーワード

共和党

ニューズウィーク日本版『共和党』に関する記事一覧

        
トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ

<全米の保守派が一堂に会する全米保守行動会議(CPAC)が行われているが、共和党保守派内の分裂を象徴...

2021.02.27
トランプ弾劾を支持した共和党の「裏切り者」に地元で逆風
アメリカ政治

トランプ弾劾を支持した共和党の「裏切り者」に地元で逆風

<多くの共和党議員がトランプ弾劾に反対したのはこういうわけだ> サウスカロライナ州の第7選挙区は、...

2021.02.16
        
「今でも共和党最大の人気者」トランプと民主党の密約などあり得ない
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「今でも共和党最大の人気者」トランプと民主党の密約などあり得ない

<起訴されない保証と引き換えにおとなしくするという手打ち説はでたらめ。謀反を起こした重鎮議員も中間選...

2021.02.03
        
トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

<第45代大統領とは何だったのか。3つの結論から導き出せる混迷アメリカ政治の未来図> トランプ大統...

2021.01.27
        
バイデン政権の復古的中道主義は可能か
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

バイデン政権の復古的中道主義は可能か

<バイデン政権を取り巻く政治的環境は、連邦議会の微妙なバランスと共和党側のミスによる敵失によって、復...

2021.01.12
フロリダ紙社説、トランプのためなら国を害することも厭わない候補者を選挙で推薦したことを「痛恨のミス」と謝罪
米大統領選

フロリダ紙社説、トランプのためなら国を害することも厭わない候補者を選挙で推薦したことを「痛恨のミス」と謝罪

<アメリカの民主主義を破壊する試みに加担するような人間と見抜けなかったことを読者に詫びる> フロリ...

2020.12.14
トランプが残したデマ地獄で「Qアノン」が共和党を乗っ取る日
アメリカ社会

トランプが残したデマ地獄で「Qアノン」が共和党を乗っ取る日

<「救世主」と仰ぐトランプが大統領でなくなれば、Qアノンも自然消滅すると思ったら大間違いだと専門家は...

2020.11.13
        
トランプが負けると思う人に贈る「再選のシナリオ」
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプが負けると思う人に贈る「再選のシナリオ」

<側近の逮捕が続くドナルド・トランプは今年の大統領選挙に全てを懸けて臨む> 2020年米大統領選の...

2020.08.29
        
2024年、共和党はニッキー・ヘイリーを初の女性大統領候補者として擁立するだろう
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

2024年、共和党はニッキー・ヘイリーを初の女性大統領候補者として擁立するだろう

<8月24日開幕した米共和党大会。この党大会中に行われた演説の中で異彩を放った人物はトランプ大統領の...

2020.08.27
        
なぜ「ボルトン回顧録」は好意的に評価されないのか
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

なぜ「ボルトン回顧録」は好意的に評価されないのか

<ジョン・ボルトン回顧録が刊行され反響を呼んでいる。しかし、ボルトン氏の価値を一方的に落とすだけの結...

2020.06.29

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice