注目のキーワード

中国共産党

ニューズウィーク日本版『中国共産党』に関する記事一覧

        
暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち受ける滅亡の運命
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち受ける滅亡の運命

<真実を歪めなければ、わずか15年で滅亡した秦の歴史に学べるはずだが...> 「神州大地」とは古く...

2021.01.16
「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互不信と敵意の道
ISSUES 2021

「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互不信と敵意の道

<コロナで焼け太り、香港は鎮圧──自らの国際的信用を毀損し、西側との対決路線を選んだ中国が再び和解す...

2021.01.15
「危険で脆弱な超大国」独裁国家・中国のトリセツ
中国

「危険で脆弱な超大国」独裁国家・中国のトリセツ

<元米国防総省中国部長が新著で解き明かすのは、世界規模の野望を持ちながら、弱さも秘めた現代中国の姿だ...

2021.01.13
アリババ攻撃はほんの序章......習政権の統制強化は危険な賭け
中国共産党

アリババ攻撃はほんの序章......習政権の統制強化は危険な賭け

<独占の解消を理由にアリババを追及する一方で、国有企業の市場支配には肩入れする中国政府の構想とは> ...

2021.01.12
ほぼ「無理心中」計画:香港民主派前議員大量逮捕の背景
中国

ほぼ「無理心中」計画:香港民主派前議員大量逮捕の背景

6日、香港立法会の民主派前議員や区議会議員など約50人が逮捕された。背景には民主派の「死なばもろとも...

2021.01.07
人民日報も予言していた、ジャック・マーの悲しい運命
中国共産党

人民日報も予言していた、ジャック・マーの悲しい運命

<一代で電子商取引大手アリババを築いた世界的実業家ジャック・マーでさえ、目障りになれば「成功したのは...

2021.01.06
ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中国を逃れた不動産王の予言が話題に
中国共産党

ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中国を逃れた不動産王の予言が話題に

<2カ月にわたって公の場に姿を現さず、ツイッターも更新していないアリババ創業者に何が起こっているのか...

2021.01.05
展望2021:中国共産党100周年 経済の実体は大変化、効率と公平のリバランスへ
中国経済

展望2021:中国共産党100周年 経済の実体は大変化、効率と公平のリバランスへ

2021年は中国にとって極めて重要な年だ。共産党結成100周年、かつ第14次5カ年計画の開始年でもあ...

2021.01.01
        
中国ネットが熱狂「チベットの美少年」を演出する国家権力
Superpower Satire (CHINA) 風刺画で読み解く中国の現実

中国ネットが熱狂「チベットの美少年」を演出する国家権力

<ネット時代の中国では「流量(トラフィック)」が庶民の人生を変えるが、その裏には政府機関の情報操作が...

2020.12.26
        
日本を挑発し続ける中国「狼の乳」世代は被害者史観で戦う
ユーラシアウォッチ 楊海英

日本を挑発し続ける中国「狼の乳」世代は被害者史観で戦う

<尖閣は中国の領土・日本の偽装漁船が敏感な海域に侵入――主客転倒の挑発を続ける中国共産党的思想の根源...

2020.12.19

人気ランキング

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice