最新記事

顔加工フィルター

加工した自撮り写真のように整形したい......インスタグラムで整形アプリが禁止に

2019年10月30日(水)17時30分
安部かすみ

加工した自撮り写真のように整形したい......?  Broadly-YouTube

<自撮り写真の加工フィルターが人気だが、「現実」との乖離はメンタルに支障をきたすなどの懸念から、「美容整形フィルター」が禁止となった......>

インスタグラムのさまざまな顔加工フィルターは、ユーザーの「変身願望」を満たして人気だが、中でも、美容整形をしたかのように見える「美容整形フィルター(アプリ)」はこのところ大きな人気を博していた。

しかし、AR(拡張現実)エフェクトを作成するためのプラットフォーム「Spark AR」はフェイスブックを通じて、「ポリシーの見直し」を発表し、インスタグラム上の美容整形フィルターが禁止されることになった。

Spark ARによると、この1年間で10億人以上がソーシャルメディアの顔変更フィルターを使用するなど、人気の大きさを裏付ける数字も発表されていただけに、今回の発表はやや意外でもあった。

手軽にセレブのような美を実現

そもそもアメリカは美容整形大国だ。2018年にアメリカ人が美容整形に費やしたのは、165億ドル(約1兆8,000億円)とされている。

中でも、カイリー・ジェンナーやキム・カーダシアンなどの影響で、近年のトレンドは太くて豊かな唇だ。アメリカン形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons)による2016年のレポートでは、18歳から55歳ぐらいまでの年齢層で、唇を太くする美容整形を受けた人の数は、2000年と比べて50%も増えたという。

日本では、二重まぶたの大きな目や高い鼻、色白などの願望が高いが、アメリカではこのようにぷっくりと肉厚な唇のほか、シュッとした細い鼻筋、高い位置にある頬骨が美の基準として主流となっている。

いずれもセレブやインフルエンサーの影響なのだが、整形フィルターは、美容整形をしなくてもそれらの願望を一瞬にして叶えてくれるとあって、人気を博していた。

ニュース速報

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

ワールド

アングル:外為法改正、海外投資家の異論続く 財務省

ワールド

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問

ワールド

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSと