最新記事

ライフスタイル

「人間関係もリゾットも上手に作れるようになるには時間がかかる」 おしゃれなゲイの、人生を変えるレシピ本

Recipes With Stories

2019年10月01日(火)18時20分
ケリー・ウィン

ファブ5の料理担当、アントニ・ポロウスキ CHRISTOPHER SMITH/NETFLIX

<ゲイ5人組が視聴者の悩みを解決するリアリティー番組『クィア・アイ』の料理担当アントニの料理本がついに登場>

ネットフリックスの大ヒット番組『クィア・アイ/外見も内面もステキに改造』は、おしゃれなゲイの5人組「ファブ5」が、トラブルを抱えた視聴者を、見た目も生活も大変身させるリアリティー番組。ファッショナ ブルなだけでなく人情味あふれる5人が、相談者に親身に寄り添う姿が支持されている。

しかも相談者は、銃弾を受けて車椅子生活になった元ギャングや、アメリカとメキシコという2つの文化の間で揺れ動くヒスパニックの女性、ホームレスとなった退役軍人の支援活動に励む男性など、アメリカ社会の「今」を象徴する庶民ばかり。

中には、「最初はゲイのアドバイスなんてやめてくれと思った」と語る相談者もいて(本人に内緒で家族が相談を持ち込むことも多い)、視聴者に大いに考えさせる内容が多い。

recipe02.jpg

それぞれの得意分野を生かして相談者の人生を変える5人組  CHRISTOPHER SMITH/NETFLIX

アントニ・ポロウスキは、それぞれ違う得意分野を持つファブ5の中の料理担当。相談者の(多くはごちゃごちゃの)冷蔵庫の中身を整理し、簡単に作れるけれどちょっと気の利いた料理を教える。番組はたいてい家 族や恋人を料理でもてなすシーンで終わるから、相談者らしい料理を教えることも重要だ。

そのシンプルだが独創的な料理のレシピを知りたいという声は、番組のスタート当初からシーズンを重ねるごとに高まっていた。そしてこの9月、ついにレシピ本『アントニ・イン・ザ・キッチン』が刊行された。

【参考記事】LGBTが多い住宅地の地価が高いのはなぜ?

サラダなど野菜ベースのヘルシーなレシピもあれば、マカロニ&チーズなど濃厚なパスタ料理、さらには甘党ファンもうならせるデザートまで実にバラエティー豊かな内容になっている。ポロウスキのいとこが、子供の ときのサマーキャンプで教えてくれたという甘酸っぱいレモンケーキのレシピもある。

そう、この本はただのレシピ本ではなく、ポロウスキの人生の物語が詰まっている。「20代のときは小説を書きたいと思っていた」と、彼は言う。「この本はむしろ、自分でも思いもしない人生を歩むことになった私の回顧録だと思っている」

どんな料理にも物語が

その思いは、本の前書きにもにじみ出ている。ポロウスキは、『クィア・アイ』がもたらした突然の名声への戸惑いと不安を驚くほど正直に告白している。

「私はファブ5の1人を名乗る資格があるほど、『本物のゲイ』と言えるのかと自問した」と、彼は書いている。

ニュース速報

ワールド

拡大版G7サミットには中国が必要─ロシア外務次官=

ワールド

スペイン、北西・北東部で再封鎖 新型コロナ感染封じ

ワールド

NZ首相、9月総選挙へ本格始動 中小企業支援と雇用

ビジネス

独ダイムラー、仏工場売却の可能性 生産体制を抜本的

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!