最新記事

ライフスタイル

世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女性は女子か」問題

2019年09月11日(水)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

martin-dm-iStock.

<「女子」と「おばさん」の境界線はどこにあるのか? 女性たちの悩みは日本も海外も変わらない。パリ在住アメリカ人のパメラ・ドラッカーマンが、中年女性の幸福感や生き方を再定義する本を出版した>

女性にとって40代とは微妙な年齢だ。30代までは「女子」であるとぎりぎり公言できても、40代で「女子」を自称することは、周囲から厳しい視線を感じて憚られるという声は多い。

とはいえ、若々しく素敵な50代の先輩たちがたくさんいる手前、「おばさん」を自称することは自虐にならないどころか、慇懃無礼ですらあるだろう。まさに40代とは、自分たちの立ち位置に困る、宙ぶらりんな年頃なのだ。これは海外でも日本でも変わらない。

2012年に『フランスの子どもは夜泣きをしない』(集英社)が世界的ベストセラーとなった、パリ在住アメリカ人ジャーナリストのパメラ・ドラッカーマン。彼女が新著で取り組んだテーマは、女性が40代を迎えることについてだ。
druckermanbook190911-cover200.jpg
『フランスの女は39歳で「女子」をやめる――エレガントに年を重ねるために知っておきたい25のこと』(CCCメディアハウス刊)の原題はThere are no Grown-ups、さしずめ「この世には最初から大人は存在しない」という意味になろうか。

30代前半でパリに移住し、ずっと「マドモアゼル(お嬢さん)」と呼ばれ続けていた著者が40歳にさしかかる頃、カフェでも道端でもどこでも「マダム(年長女性への敬称)」と呼ばれてショックを受けたことから本書は始まる。マダム――それは自分よりずっと年配の人のことだと思っていたからだ。

40代は矛盾だらけ、内面が外見に追い付かない

本書を書くきっかけが、40代は定義がなく、矛盾だらけだと思ったことだったとドラッカーマンは話す。外見や身体の衰えから、既に「マドモワゼル(女子)」ではないことは理解していても、内面がその外見に追い付かないのがこの時期だ。

そこで、まだ「マダム(大人)」になりきれていないという心身のギャップを埋めるべく、大人の女性になるということはどういうことなのかについて、科学的見地と自分の経験をもとにリサーチを重ねたのが本書だ。

「若い時には、40代とは大人の指標の1つではないでしょうか。その頃には部下や後輩を励ますような立場になっているだろうと誰もが思っていたはずです。実際、多くの経験を通して適切な判断ができるようになり、感情をうまくコントロールしたり、どんな状況にもうまく対処できるようにはなっています。しかし、かつて思っていた『大人』の年齢に実際になってみると、次の指標が見つからないと思ったのです」

この「定義がなく、矛盾だらけ」の年代について、ユングの理論からドラッカーマンは次のように述べている。

ニュース速報

ビジネス

独ダイムラー、仏工場売却の可能性 生産体制を抜本的

ワールド

米ラッパーのカニエ・ウェスト氏、米大統領選出馬を表

ワールド

米39州で新型コロナ感染者増加、連休後さらに拡大と

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!