最新記事

ヘルス

「酒飲み」はオワコンに? シリコンバレーも注目の「ソバーキュリアス」を名乗る若者たち

2019年07月24日(水)17時40分
寺町幸枝

ソバーキュリアスたちはアルコールは「自分をいい気分にしてくれないもの」と言う(写真はイメージ) princigalli-iStock

<今の若い人はお酒を飲まない、と言うが本当にその傾向は拡大していた。脱アルコールトレンドの波はニューヨークの飲食店に新しい「バー」を生み出すほど......>

職場の仲間と飲みに繰り出す「飲みニケーション」の是非が話題になることが多い。職場の人間関係を円滑にする、一方でパワハラの温床になるなど賛否両論があるが、事実、現在の20代は一世代前に比べて20%もアルコールを飲んでいないという。若い世代では、「お酒を飲む」という行為から遠ざかる風潮があり、職場のお酒の付き合い自体を敬遠しているわけではないようだ。

今、若者たちの間で新たなムーブメントとして注目されているのが、「Sober Curious(ソバーキュリアス)」を自称する人たち。お酒が飲めない訳ではないが、あえて飲まない人や、少量しか飲まない人を指す。ミレニアル世代を中心に、このあえて「飲まない」がトレンドになっているという。

世界的に広まる肉体的、精神的健康志向

脱アルコールの傾向は、16〜24歳の1万人を対象にした調査からも明らかだ。CNNによれば、2005年にアルコールを飲まないと答えた、イギリスに住む若者が18%だったのに対し、2015年には30%まで拡大している。

ミレニアル世代を中心としたソバーキュリアスたちをアルコールから遠ざける要因になっているのは、これまでのヘルシー志向に加えて、世界規模で広がる「マインドフルネス」など、精神的な豊かさを追求する傾向という。

アルコールを避ける人たちにとって、アルコールは「自分をいい気分にしてくれないもの」と断言されている。食生活を変え、運動を習慣にしている人は、日常から「Toxic(毒)」を除くために努力している。それにも関わらず、アルコールを一口飲むだけで、その努力は無駄になってしまうというのだ。

またビジネスの世界では、これまで会食にアルコールはつきものというのが常だった。しかしシリコンバレーでは、アルコールを飲まない人が増加。法律系テック企業「アトリウム」のファウンダー兼CEOのジャスティン・カン氏は、断酒の決意表明をツイートし、早速メッセンジャーアプリ「テレグラム」で断酒コミュニティを立ち上げた。すると、すぐに1000人以上がグループに参加し、カン氏はこんなにも共感が大きいことに驚きを語った。

【参考記事】パワハラが起こる3つの原因 日本企業は変われるか
【参考記事】あなたの代わりに酔っぱらいます

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!